日本人の知らないところでルパンは盗んでいた! イタリア製『ルパン三世』

ルパン三世と言えば、日本が誇る大泥棒です。私もアニメはパイロットフィルムを含めすべて見ていますし、原作マンガもかなり読んでいると思います。これを読まれている人の中には、きっと私と同じくらいか、私よりルパンが大好きだという人もいらっしゃるかと思います。

しかし、ご存知でしょうか? 日本人の知らないところでルパンファミリーが大活躍していたことを!

というわけで、今回ご紹介するのはイタリア製『ルパン三世』です。注意してください。イタリアではありません。イタリアです。そう、イタリアで『ルパン』は昔から大人気なのですが、なんと彼らは自分たちオリジナルの『ルパン三世』を生み出してしまったのです。

こちらがその『ルパン』のイタリア製マンガ、"Lupin III Millenium"(以下『ルパン三世ミレニアム』)です。



このイタリア製ルパン、『ルパン三世ミレニアム』シリーズは現在11冊出ていることを確認していますが、「MANGA王国ジパング」では現在この4冊を入手しております。

以前タイのパチドラえもんを紹介したことがありましたが、一見するとこれもイタリアで勝手に作られた著作権無視のニセモノじゃないかと思われるかも知れません。しかし、そんなことありません。タイトルの文字のところをよく見てください。MONKEY PUNCH presenta と書いてあるでしょう? 実はこの『ルパン三世ミレニアム』シリーズを出版している Kappa Edizioni という出版社は、モンキー・パンチ氏によるオリジナルの『ルパン三世』をイタリアで出版している会社でもあり、この『ルパン三世ミレニアム』も、モンキー・パンチ氏監修で作られているオフィシャルなものなのです!

この『ルパン三世ミレニアム』シリーズは毎回50ページほどの冊子ですが、1冊ごとに作者が違うため、実にバラエティーに富んだ内容になっています。作者が違うので当然絵柄は毎回違いますし、次元や五右ェ門、とっつあんが主役の話もありますし、ルパンが死刑になりそうになったり、妖怪みたいなのと戦ったり、やりたい放題です。


↑大量のルパンクローンが出てきたり

↑五右ェ門が豊臣秀吉の亡霊と戦ったり

↑こんな絵柄のことも!(五右ェ門が全然かっこよくない!)

↑こんな絵柄だったりもする
画像
↑『トムとジェリー』みたいな展開も!(クリックで拡大)

↑パイカルまで出てきちゃう!

↑斬鉄剣がコンニャクを切れないという設定も使われている

ちょっとアメコミっぽいけどちょっと日本のマンガっぽいところがどことなく面白いです。ちなみに五右ェ門が豊臣秀吉の亡霊と戦う話("La maledizione degli Ishikawa"(『石川家の呪い』))の絵は何と日本人のヒロモト森一氏が担当しています。まさか日本のマンガ家が日本人の知らないところでルパンのマンガを描いていたとは…! まあ、ルパン自体そもそもフランス起源なんで、フランス人が知らないところで日本人がフランス人の孫の大活躍を描いてたわけですが。

巻末には作者紹介などと一緒に、アニメの設定資料なども少し載っています。流石オフィシャル本。



↑巻末の特集ページ

恐らく、日本の次にルパンが愛されているのがイタリアであると思います。そんなイタリアを愛する管理人サザえもんは、現在イタリア語を勉強中です。イタリア版のDVDやマンガはかなりたくさん持っているので、ちゃんとイタリア語を理解できるようになって、いつかご紹介できたらと思います。期待しないで待っててください。

ではまた!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 漫画ブログへ
↑この記事を面白いと思った方は、是非クリックでその気持ちをお伝えください。よろしくお願いします

ルパン三世 クロニクル BOX LUPIN THE REMASTER
コロムビアミュージックエンタテインメント
TVサントラ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ルパン三世 クロニクル BOX LUPIN THE REMASTER の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 33

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

1
2012年04月10日 00:13
面白いなあ。昔からアンソロジー好きだから他の漫画でもこんな規格が欲しい
奈々氏
2012年04月10日 00:32
管理人さん
新しいルパンのシリーズについて、イタリアでの反応が興味ありますので、出来ればこのホームページに載せて頂けないでしょうか!
角瓶
2012年04月10日 01:10
ほっほー
これはおもしろそう
2012年04月10日 01:12
イタリアってフランス並にアニメに理解がある気がする。
まどか放送とかもあったし、もしかしたらフランス以上・・・?
  
2012年04月10日 01:40
イタリアだとニヤニヤするのに、韓国だと発狂するんだろうなぁ。
ここの人たち。
 
2012年04月10日 01:46
ルパンの同人誌って思えばいいか、読んでみたいな
2012年04月10日 01:55
韓国は著作権無視するし原作者をディスるからな
ぬるぽ
2012年04月10日 02:20
イタリアはバチカンを通じ保守とは友好が深い、一応三国同盟時代もあったくらいだからね。なので義とか人情と言う人間のもつ本能的な勧善懲悪な概念が根底にある国の一つなのだと思う。
欧米はUSAと違いアニメ産業も活発でなかった事とイタリア人の英雄モードに火を付けたのはあると思う。自分達がチェックし終わった難民を目の前射殺されてUSA海兵隊と味方なのに撃ちあったエピソードもある国民性だからね。チャラい所もあるがやる時はやるというイタリアンな琴線に触れたのかもな。
 
2012年04月10日 02:41
荒れるから韓国の話は無しで
 
2012年04月10日 03:05
フランスじゃないっていうのが気になるね
あと、かの国の話を唐突に切り出して煽りたがるバカは一体何なのだろう
 
2012年04月10日 03:11
伊太利亜人は意外とマンガの描き方うまいじゃん。
サザエもんさん、伊太利亜版のDVDはリージョンが日本と違うけど、どうやって見れたのですか?
まどか☆マギカDVDの伊太利亜人版の限定版が豪華で羨ましいです。
小説ルパンの生み親作者はルパン三世は認めないと、憤慨してあの世に逝かれたのですが、フランスでの反応はどうなんでしょうか?
  
2012年04月10日 04:58
ルパンの作者であるモーリス・ルブラン1941年に亡くなっている。
一方でルパン三世の連載は1967年から。
ルパン三世についてのコメントなど出来るわけがない。
 
2012年04月10日 05:58
モンキー・パンチ=猿を殴る

国際的ヒットを飛ばす才能とペンネームに込めた意味で
何となく彼の本当の正体に気付いた気がします
みなさんもそう思いませんか?
 
2012年04月10日 06:21
何が言いたいのか分かるようなわからんような。
しかし彼が偉大な漫画家であることは事実だ。
たんたかたん
2012年04月10日 08:36
イタリアではどのぐらい、オリジナルルパンに対する理解度があるのだろうか。
ぜひDr.マモ―の島やカリオストロなどの翻訳レベルがどのくらいのものなのかや、イタリア人の感想なんかも知りたいですね。
HUNTERF6
2012年04月10日 08:50
じゃあ、漫画家では無いけどイエローモンキーもそうなのかなw
 
2012年04月10日 08:55
海外の反応でなくイタリアの反応
いいな、ぜひ頑張って!
がんまくん
2012年04月10日 09:21
4月7日に作成した記事が3月7日作成になってるのは、なぜ?
通りすがり
2012年04月10日 10:13
五右衛門が秀吉の亡霊と戦ってるのはヒロモト森一さんの作画じゃないでしょうか?
確か昔アメコミの仕事が来たとか聞いた記憶があったけどイタリアコミックだったんですか
馬場康誌さんがスポーン書いたり、
弐瓶勉さんがウルヴァリン書いたりもしてたはず
名無し
2012年04月10日 12:22
絵柄は結構漫画チックだけどコマ割りがアメコミ臭いね
ニック
2012年04月10日 12:37
ルパン3世ってイタリア人っぽい性格だしなぁ。
   
2012年04月10日 13:46
イタリアは昔から正規にアニメ放送してくれているよ。
ジローラモが言うには、
イタリアでは、人を騙すことは悪であるという理解よりも、
人を騙せる知性があることを賞賛するらしい。
ゆえにルパン三世は国民的人気が出たとか何とか。
a
2012年04月10日 19:17
パイカルとは渋いw
 
2012年04月10日 19:43
ファンが実写版作ったのもイタリアじゃなかったかな?
五右衛門以外はイメージぴったりだったよw
 
2012年04月10日 19:51
検索したら何個も出てきたw
ttp://www.youtube.com/watch?v=UqyPurlUrAw&feature=related
ttp://www.youtube.com/watch?v=2j5O10UQgtA&feature=related
一個目がちょっと前に似すぎと話題になったやつです
 
2012年04月10日 21:18
タイガーマスクもあしたのジョーも放送していたイタリア
ヤッターマンだって普通に日本人と同じように語り合えるのがイタリアだよ
カカロット
2012年04月10日 22:16
私もニックさんと同じこと思った。
 
2012年04月11日 00:59
なんだあの今にも死にそうなゴエモンはwwww
 
2012年04月11日 01:05
お猿の鉄拳モンキー・パンチ氏がどうかしましたか?
イタリアははいからさんもやってたみたいなのが一番驚いたよ
凄く和な話なのに
おしっこ
2017年06月03日 18:48
元々はMADマガジンの Spy vs Spy が念頭にあったのだから、トムとジェリー展開は根本回帰である。

1
2017年06月03日 19:31
香炉を盗もうとして、釜茹を
アチラの方々が知っているって事かな?
なー
2017年06月04日 15:16
絵柄イケてるね面白そうだわ
リージョンは読み取る機械が他国なら行けるんじゃね?
日本固定しか読めない場合は無理でも。
プレーヤー買えばいいわな。
2017年06月05日 05:24
作者公認の同人誌はいいね。
日本も古い作品を若手がトリービュート作品としてどんどん本を出してくれれば、いい商売になるのに。
2017年06月13日 21:21
作者監修ってかいてあれば好感しかないw
面白そう
あさだ
2017年06月19日 13:45
ルパンがフランス人って初めて知ったわ。
イタリア人だからこそイタリアで人気なのかと。
 
2017年08月07日 04:50
五右ェ門メインのやつだけやけにクオリティ高いなーと思ったらヒロモト森一画なのね
なるほど
 
2017年11月01日 17:38
イタリア人にはルパンはイタリア人に思えるらしい。
なんせ女好きだから。w
なおイタリアの昔の青少年はラムちゃんか不二子ちゃんか響子さんに
必ず一度は恋をするとも言われてた。
 
2017年11月02日 01:37
フランスでは本家のルパンが人気ありすぎて、ルパン3世と名乗ることができないらしい。逆にアメリカでは本家のネームバリューが無さ過ぎてルパン3世と名乗る意味がないとか。
おめこ
2019年06月08日 00:43
もともと Spy vs Spyにヒントを得ているからトムとジェリー風というやつはオリジナルに近い。