イギリス人が描いたMANGA『ロミオとジュリエット』がクールすぎる ①

(この記事は昨年12月に公開したものを加筆修正して再アップロードしたものです)

フランスで生まれた映画という技術が世界に広まり、アメリカ映画が毎年日本で何十本と公開されるように、近年、日本のマンガは MANGA となり、日本人だけのものではなくなりました。

日本のマンガが翻訳出版されて海外で人気を得ていることは、日本でも時々新聞などで報道があるので比較的良く知られています。だが、外国人が MANGA を描き始めているという事実を、あなたは知っているでしょうか。

そう、COMIC ではなく MANGA を描いているのです。英語で描かれたものを Original English Language Manga、略して OEL Manga などと呼ばれます。アメリカ製のものは Amerimanga(アメリマンガ)とも呼ばれます。また、フランス製のものは Manfra(マンフラ) とか Franga(フランガ) とか呼ばれ、もはや一ジャンルを確立しているのです。

今回紹介するのは、イギリス製の manga、「Manga Shakespeare」シリーズの『ROMEO AND JULIET』です。『ロミオとジュリエット』ですね。

イギリス人が描いた、シェークスピアの『ロミオとジュリエット』のMANGA(※Comicにあらず!)です。そう、決して「Comic Shakespeare」シリーズではなく、「Manga Shakespeare」シリーズなのです!

作者の名は Sonia Leongウィキペディアによれば、マレーシア生まれ、タイ育ちのイギリス人だそうです。

マレーシア生まれでタイ育ちのイギリス人が描くMANGA。すごいのかすごくないのかよくわかりませんが、とにかく早くも期待が高まります。

ところで、Manga Shakespeareシリーズと言いましたが、驚くべきことに既に14冊もシリーズが出ているみたいです。売れてるのか!?

では、前置きはここまでにして内容を見ていきましょう。まずは表紙から。

……。バイクに乗ってる・・・。

背景も現代みたいですし、ロミオとジュリエットと思われる2人の服装も変です。少なくとも舞台は16世紀のイギリスではなさそうです。『ウェストサイド物語』やレオナルド・ディカプリオ主演の『Romeo + Juliet』みたいに、現代に舞台が設定されているのでしょうか?

なんだかディカプリオの映画を初めて見たとき感じた不安な気持ちがよみがえってきました。怖いもの見たさでページを捲ってみましょう。

↑最初のページ

↑右上の吹き出しのアップ

何々…?
Present-day Tokyo.
Two teenagers, Romeo and Juliet, fall in love.
But their rival Yakuza families are at war.

(現代の東京
ロミオとジュリエットの2人の若者は恋に落ちる。
しかし、彼らのヤクザ一家は抗争中だった)

ロミオとジュリエットは
現代の東京の
ヤクザのこどもだった!


何という斜め上の発想! 

マレーシア生まれでタイ育ちのイギリス人が描く、シェークスピアをテーマに現代の東京を舞台にした任侠MANGA

なんかよくわからんが、なんかすごいぞ!

次のページには登場人物紹介が載っています。

これによると、ロミオは rock idol (ロックアイドル) らしい。

さらにジュリエットは Shibuya girl (渋谷ガール) らしいです。

ジュリエットの格好は、上半身はピンクの振袖、下はピンクのキュロットに黒のオーバーニーソックスにピンクのブーツ。腰にはでかいベルトが巻いてあります。これがイギリス人が日本人に抱いている Cool さなのでしょうか? 日本人にはなかなか思いつかない斬新なファッションだと思いますので、日本のマンガ家さんにも参考にして欲しいです。

まだマンガが始まっていないのに、この突っ込みどころの多さ。侮れません。

マンガの内容にも突っ込みを入れていきたいのですが、ものすごく長くなりそうなので今回はここまで。次回、マンガの内容紹介にご期待ください。

ではまた。

(続きはこちら


人気ブログランキングへ にほんブログ村 漫画ブログへ
↑この記事を面白いと思った方は、是非クリックでその気持ちをお伝えください。よろしくお願いします。
スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい

この記事へのコメント

HUNTERF6
2012年04月12日 03:58
>無国籍映画を見てる様な気分。
PPP
2012年04月12日 11:04
テラワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwww
激しく期待するwwwww

こういうのを待ってたんだよww
何で日本人だけが漫画描かなきゃならんのだ?
世界にゃ70億も人口いるんだから、もっと外人は漫画書けよwww
 
2012年04月12日 12:03
現代じゃなくて近未来、
またはパラレルワールドだったら良かったかもしれん
でもちょっと続きが見てみたい
2012年04月12日 13:27
外人の漫画家の卵は決定的な視点がない。

日本の真似をするんじゃなくて地元をネタにすべきなのだ。
フランスのチンピラ漫画とかユダヤ金融道とか、キューバのドカベンとか。
ふもっふ
2012年04月13日 03:00
なかなか創意ある作品じゃないですか
2012年04月13日 08:47
>ユダヤ金融道
ヴェニスの商人かw
a
2012年04月13日 20:24
なんだろう、このゾワゾワ感w
渋谷ガール……パリジェンヌみたいなノリか
 
2012年04月18日 18:31
日本の漫画家がなんちゃって中世欧州なファンタジー描いてるんだし
お互いどんどんやれw
自分は舞台版のロミジュリ思い出した。ミュージカルだったかな。
無国籍ファンタジーな衣装にダンス、携帯電話持ってる登場人物。
名作だからこそ魔改造が映える。