(番外編) 秋田は萌えているか 萌えは地方を救う!

今回は国内の話です。

秋田県に行ってきました。管理人(サザえもん)は名古屋出身なのですが、名古屋はかなり暑くなっていたので、東北といえどももうそう寒くはないだろうとふんでいたら、トンでもなかったです。寒くて寒くて凍えそうでした。まだ雪が残っていましたし、一部では桜も咲いていました。東北をなめてました。

それにしても、秋田県の山々の景色の美しいこと。秋田県と言えば矢口高雄先生ですが、まさに『三平』の世界でした。名古屋にはない雄大な景色に管理人は感激しておりました。


↑泊まった旅館には矢口先生の絵が飾ってあった


↑桜と雄大な山々

クマ牧場にも行きまして、ツキノワグマがエサを求めて直立二足歩行で歩んできて、さらに木の天辺で手を叩いてアピールするなど、えらく可愛らしい。




↑お前ら猛獣としてのプライドはないのかww

さらに今年生まれたばかりの小熊とも触れ合うことができ、30センチくらいの小熊が7頭もちょろちょろ走り回るのが可愛らしすぎました。あの可愛らしさは反則ですね。


↑客の足にひっつく小熊


↑うろちょろする小熊


↑管理人の足にひっつく小熊

興味をもたれた方は、「阿仁熊牧場」で検索してみてください。オススメです。

さて、このブログは一応マンガブログなので、個人的な旅行記はこの辺にして、マンガの話を。

なぜか秋田には多くの駅や旅館などに1メートルくらいの木彫りの動物がおかれておりました。その多くはこの写真のように普通の動物です。


↑こんなのが色々なところに置かれていた(阿仁マタギ駅で撮影)

しかし、その中にたまに変なのが。


↑角館駅で撮影


↑阿仁合駅で撮影
普通の動物たちに混じって、こんなのもあった。

トトロの方はともかく、このドラえもんの表情が面白すぎます。だれが何を考えて作ったのか。そもそも何で木彫りが各駅に置かれているのか。秋田県出身の方でご存知の方がいらっしゃいましたら、是非お教えください。

ところで、ご存知の方も多いかと思いますが、近年地方では「萌え」で活性化しようという運動が活発です。「萌えおこし」と呼ばれるそうですが、こういう発想がでるあたり、日本を愛さずにはいられません。ああ、なんて素晴らしい国なんだ、日本は。(倒置法)

で、やっぱり秋田県も萌えていました。まず米が萌えていました。秋田おばこ米のイメージキャラクター、おばこ娘は見ての通り萌えキャラ。




↑秋田おばこ米のキャラクター、おばこ娘

プロの絵師が描かれたものじゃないらしいので、少々素人っぽさが感じられる絵ですが、これから管理人は秋田おばこ米を主食にしたいと思います。

そして、最初に角館駅に着いたときから秋田は萌えていました。秋田内陸線、愛称「あきた♥美人ライン」のイメージキャラクター募集をしていて、その投票が行われていたのですが、候補の多くが萌えキャラ。もちろん萌え絵じゃないイラストもありますが、マンガブログの管理人としては、やはりここは萌えキャラに優勝してもらって、萌えおこしをしてもらいたいです。


↑「あきた♥美人ライン」キャラクターの候補




↑こういうのもいいけれど








↑個人的にはこういうのに票を入れたくなる

個人的には、一番下の2つのイラストのどちらかに優勝してもらいたいです。秋田県在住の方は、投票してみてはいかがでしょうか?

海外留学時に日本のマンガやアニメが外国でも愛されているのを知ったのが、私がマンガ、アニメ研究を始めてきっかけですが、やっぱり本家本元日本は素晴らしいですね。やはりこの国はマンガ王国です。国民のほとんどがマンガを愛し、翻訳など待つことなくいつでもオリジナルのマンガが読める。つくづく、日本に生まれてよかったと思います。外国でも、いつかこれぐらい日本式のマンガが浸透して、「萌おこし」みたいなのをやる日が来るのかな? 楽しみだ。もしイタリアあたりで萌おこしが始まったら、真っ先に駆けつけますよ。

みなさんも、地元で「こんな萌えがある」とか「地方限定のこんなマンガがある」とか、そのような情報がありましたら是非お教えください。管理人サザえもんの出身地、愛知には何かあるだろうか? 鳥山さんの出身地だってことぐれーしか思いつかんがや!

ではまた!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 漫画ブログへ
↑この記事を面白いと思った方は、クリックしてその気持ちを伝えてください。

↓秋田県のマンガ家と言えば矢口高雄先生である。
ボクの学校は山と川 (講談社文庫)
講談社
矢口 高雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ボクの学校は山と川 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

トキ (fukkan.com)
復刊ドットコム
矢口高雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トキ (fukkan.com) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

マタギ列伝 1 (中公文庫 コミック版 や 4-1)
中央公論新社
矢口 高雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マタギ列伝 1 (中公文庫 コミック版 や 4-1) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

釣りキチ三平(1) (講談社漫画文庫)
講談社
矢口 高雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 釣りキチ三平(1) (講談社漫画文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
↓管理に推薦のマンガ作成ソフト。
 管理人も使ってます。間違いなく世界一のソフトです。


スポンサーリンク

この記事へのコメント

誰か
2012年05月18日 22:21
このクマ牧場ってのは
この前ニュースになったあの場所?
サザえもん
2012年05月18日 23:30
いえ、違うクマ牧場のはずです。
 
2012年05月18日 23:56
萌え絵とは違いますが石川県の金沢在住漫画家で波津彬子氏がいらっしゃいまして、
明治大正が舞台の和風ファンタジーやホラーなど
着物や妖怪綺譚の美しさでは富山出身の今市子氏と双璧と個人的に思ってるのですが
金沢出身の文豪・泉鏡花作品のコミカライズもしているのですね。
先年、近代文学館で原画展が行われたようで。
メジャー誌でもアニメ化する事もないから、町おこしまでは行かないのかな。
個人的に、萌え絵や少年漫画絵もいいけどこんな作風も地味にでいいからもっと知られて欲しいなと思ったり。

と言う自分は愛知出身在住なんですけど。
a
2012年05月22日 12:57
クマ牧場って結構たくさんあるみたいですね・・
管理人さんが行かれたのはなんて名前のクマ牧場でしょうか?
とっても良さそうな所ですね!
通りすがり
2012年06月09日 13:30
萌えキャラで町おこしというと、最初に思い浮かぶのが「びんちょうタン」ですね。アニメにもなったし。
お米で萌えってことだと、あきたこまちのが有名かも。こちらも秋田ですね。何かあるのかな?
最近は、キャラってよりアニメの舞台を特定の町にすることで、タイアップ的にやるのが増えてるかも。下田とか鴨川とか。