著作権、何それ? 日本のパロディ満載のおフランス製マンガ『戦隊スクール』!

フランスに去年、日本サッカーが初めて勝ちましたね。それもアウェーで。サッカー大好きのサザえもんとしては、嬉しい限りです。さて、そのフランスが日本のマンガ好きの国であるということはご存知でしょうか? なんと、フランス戦前日の記者会見でも、フランス記者がフランス代表キャプテンに『キャプテン翼』について尋ねるたり、スポーツメディアで日本サッカーの紹介で『キャプテン翼』のジュニアユース編で日本がフランスを破るシーンが流れたというのだから、大したものです(参考記事こちら)。これまでにも何度かフランスの話は書いていますので、こちらからまた読んでもらえると嬉しいです。

スポンサードリンク

さて、そんなフランスは、自国にBD(ベーデー)と呼ばれる独自のマンガ文化が存在するのですが、最近では日本の影響で manfra とか franga とか呼ばれる、日本のマンガ形式を真似たものが数多く出版されるようになりました。今回はその中の1冊、『Sentaï School, l'école des héros』(戦隊スクール -ヒーローの学校-)をご紹介しましょう。単行本は、スペシャル版を含めて5冊出ているようです。


↑『戦隊スクール』1巻

タイトルも『戦隊スクール』ですし、表紙の絵柄からも、なんとなく日本っぽいのがおわかりいただけると思います。中を見るとこんな感じで、左から右に読むという違いはあるものの、デフォルメの仕方、効果線を多用しているところなど、日本のマンガの影響が感じられます。BDやアメコミは基本的にカラーなんですが、これはモノクロであるところも、日本のマンガの影響かもしれません。


↑『戦隊スクール』中身


↑明らかに日本の町並み


↑なんとなく『Dr.スランプ』っぽい驚きの表現

物語は、未完成のまま博士に放置されたロボット、ケンが、ヒーローになるための学校「戦隊スクール」に入学して騒動を巻き起こすというギャグマンガです。(戦隊ヒーローシリーズって、結構欧米でも人気が出たらしいんですが、どうもタイトルからしても、「戦隊」というのを、「ヒーロー」の意味だと勘違いしているっぽいです)


↑ケン(一番左)と仲間たち

しかし、このマンガの注目すべき点は、「○○っぽい」とか「背景が明らかに日本」とか、そんなものではありません。ほぼ全ページ、日本のマンガのパロディが繰り広げられるのです。


↑道に迷って、一刻館(『めぞん一刻』)やひなた荘(『ラブひな』)に着いてしまったケン


↑良牙(『らんま1/2』)に道を聞き、さらに道に迷ったケン


↑千年キューブを解いて闇の力を手に入れたケイジ少年

流石に主人公たちはオリジナルですが、脇役はもうやりたい放題。先生にいたってはひねりも何にもなく、姿も名前も元ネタのままのキャラだらけになります。


↑『家なき子』(通行人)


↑学園の庭師は「オタクのケンシロウ」。来ているエプロンは『めぞん一刻』
(庭師のくせに「オレは今は亡きユリアに、この星を救うと約束したのだ」
みたいなことを言う)


↑学校の先生。その名も「マッスル先生」
(英語やフランス語では、日本の格闘技の師範はsenseiと呼ばれる)


↑コスチュームの授業をするオスカル先生。
「コスチュームはヒーローの基本だ。例えば、男の格好をしていれば、
誰もボクが女だ何て思わないだろ?」


↑校長は「ウルトラ様」


↑ハーロック先生とブラックジャック先生
(いとこ同士らしい。顔の傷は遺伝なのか!?)


↑こんな「まんま」な奴らも出てくる。
「オレの千年パズルが、お前の千年キューブに呼ばれたんだ。
ついに見つけたぜ! オレの名前はユカイ・ギだ」


↑どっかで見たようなサッカーチーム。


↑サッカーの実況は天下一武道会の人。


↑南国で特訓する日向小次郎のパロディキャラ。
地元の人に「シュートで波を押し返そうとしてるんですよ。バカでしょう」と言われ、
名物化して観光客に写真を撮られる。


↑翼(のパロディキャラ)が、1000個にボールが分身するシュートを放つと…


↑戦隊スクールのキーパー、ケンシロウが全て撃ち返す!


↑1000個のボールが全て相手ゴールに決まり、戦隊スクールの勝利!

とまあ、こんなふうに、徹底的にパロディをやりまくったおフランス製マンガ、それが『戦隊スクール』です。ここで紹介した以外にも、バットマンやスパイダーマン、シンプソンズなどアメリカのパロディも出てきますが、ほとんどは日本のパロディで、細かいネタがあちらこちらにちりばめられています。作者はよっぽど日本のマンガが好きなんでしょうね。こんなパロディが成立するくらい、日本のマンガはフランスで人気が出ているわけですね。日本国内だったら絶対に商業誌には載せられないマンガですが、フランスでは5巻まで出版されてしまったというのが、また面白いところです。

MANGA王国ジパングでは、今後も世界の MANGA を紹介していきます。

ではまた!


 このエントリーをはてなブックマークに追加 





人気ブログランキングへ にほんブログ村 アニメブログへ
↑この記事を面白いと思った方は、応援のクリックをお願いします。

↑最近はフランス版DVDもアマゾンで買えるらしい。101話コンプリートで8400円。安い。

↑フランス版『らんま1/2』。

↑イギリス版『まどか』。超安い。

 楽天お薦め商品
↓管理に推薦のマンガ作成ソフト。
 管理人も使ってます。間違いなく世界一のソフトです。


スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい

この記事へのコメント

奈々氏
2013年02月09日 18:46
顔と頭身が合ってないな
2013年02月09日 19:14
懐かしいな~70,80年代のギャグ漫画っぽい。作者の歳が伺える。
www
2013年02月09日 19:37
かなり笑ってしまった。。
ステマどかステマギカ
2013年02月09日 19:37
ジャンヌダルクとかマリーアントワネットの萌え漫画描いて下さい(期待)
 
2013年02月09日 19:40
パロギャグはひねりが無いとつまらん…ってのは置いといて、
このネタを読者が理解してついてこれるほどになってるんだ
というのが感慨深いですね。
七市
2013年02月09日 19:51
たしかに日本漫画の影響大なんだけど、絵柄とかに微妙にフランス感がにじみ出ててどうにも日本人のセンスと異質になっちゃうのが興味深い
.
2013年02月09日 20:33
これ、どっちかというと、日本だとアンソロジーっぽいね。
これはこれで面白そうだけどw
にゃーにゃー
2013年02月09日 20:50
普通に面白いと思ってしまった。
 
2013年02月09日 21:00
がきデカやマカロニほうれん荘に影響受けたのか
   
2013年02月09日 21:09
ドクタースランプ思い出した
あれも著作権的にヤバいねたいっぱいだったね
1
2013年02月09日 21:10
不動かとおもったら、右下見たら兜か。
 
2013年02月09日 21:21
これ完全に日本人と日本の漫画馬鹿にしてるよね
フランス人らしいわ
 
2013年02月09日 21:47
影響を受けてる漫画から見て、描いている人は40代だろうね。
2013年02月09日 23:01
たしかにキャラの頭身やパロの連発とかDr.スランプっぽいですね
sdf
2013年02月10日 00:34
指がみんな4本しかないwww
 
2013年02月10日 01:00
面白いwパロディーやね
 
2013年02月10日 01:02
教皇アーレスぽいのもいるね
 
2013年02月10日 01:11
>>指がみんな4本しかない

ミッキーが4本だから、真似してアトムも4本。それを真似して、昔は日本のマンガはほとんど指が4本だった。『パーマン』とか『ど根性ガエル』とか見ると、みんな指が4本。
2013年02月10日 01:35
気になってた作品です。紹介してくださってありがとうございます。
2013年02月10日 01:46
フランスに漫画学校あるらしいがそこで勉強したのだろうか?
po
2013年02月10日 06:24
つ、つまんねー
アメリカ人ならもっと面白そうなパロディ作れそうだが
フランス人ってなんかセンスが古臭いな
  
2013年02月10日 11:53
これ翻訳したら売れるだろうけど、実際に出版の動きはあるのかな?
私気になります!
 
2013年02月10日 12:56
え~と 同人ですね?
背景しっかりすれば日本の同人レベルにならべるかも
すへ
2013年02月10日 16:05
お前ら随分なコメントだな
私たちに好意的なフランス人がここのコメントを見なきゃいいが・・・
最近はまとめサイト見てる外人も出始めてるからな
漫画読み
2013年02月10日 18:40
マカロニほうれん荘とかストップひばりくんとか80年代のギャグ漫画みたいだな
あの辺の時代は日本の漫画家にもパロディーが流行り始めて
ネタ元の了解とか関係なく色々作中に登場させてたよね
 
2013年02月11日 01:20
これを見てなんか嬉しかったけど...
馬鹿にしてるとか思わなかったよ
 
2013年02月14日 01:02
>え~と 同人ですね?
背景しっかりすれば日本の同人レベルにならべるかも

お前何で上から目線なの?
Erdrick
2013年02月14日 21:16
全体的にアラレちゃんですなw
 
2013年02月16日 09:04
逆に日本の他作品を調べなければ描けないからな
名無し
2013年02月23日 10:41
いまいち感覚がわからないけど、銀魂で他漫画出してくるようなノリじゃないの?「あ!これ○○じゃんww」って分かる上でのギャグみたいな。
なら問題ないと思うけど…
面白そう、読んでみたいwww
  
2013年02月25日 14:18
オスカルがなんて言ってのかが知りたい
 
2013年04月01日 23:43
ベーデー?
バンド・デシネちゃうの?
サザえもん
2013年04月02日 00:08
バンド・デシネ。略称ベーデーですね。夏目房之介さんが著書で「ベーデー」と読んでいたので、それに倣いました。
無名
2015年08月12日 02:47
フランスではパロディーが保護??!
許可ぐらいはとってほしい・・・
 
2016年05月23日 23:08
一方日本では金八先生が漫画のキャラクターとマージャンをしていた