イタリアでズッキュウウウン! イタリア版『ジョジョの奇妙な冒険』

イタリアを、このサイトの管理人・サザえもんが大好きであることは、ここの常連さんならご存知のことかと思います。そんなサザえもんが、前々からほしかったイタリア版を漸く入手しました。

スポンサードリンク

『ジョジョの奇妙な冒険』イタリア版!


ドッパーン!

現在第10巻まで入手しております(とはいえ、1冊のページ数が少ないので、日本版の8巻途中までのしか収録されていないんですが)。金銭的関係からなかなか続きをそろえるのも大変なんですが、そのうち全部揃えられたらいいなあ、と思っております。なぜかイタリア版第1巻の絵は日本版5巻の絵が使われていますが、表紙の絵が違うことは海外ではよくあることなので、気にしないでおきましょう。


↑日本版5巻とイタリア版1巻

さっそく中身を見てみましょう。当然、中はすべてイタリア語。また、最近ではそういうことはなくなっているんですが、イタリアでの出版は1993年。まだ日本のマンガ文化が浸透していない時期ですので、普通のイタリアの本に合わせて、左右反転して出版されています。


↑日本版

↑イタリア版

さて、ジョジョと言えば擬音。擬音と言えばジョジョです。以前北米版ではカタカナのまま変更されていないということを紹介しましたが(記事はこちら)、イタリア版では書き換えられています。しかし、翻訳会社の技術的未熟さゆえか、かなり読みづらいことに…。日本の擬音を消して、上からイタリア語の擬音を描き、きれいに修正しないといけないので大変なのはわかりますが、もうちょっと上手くやってほしいものです。


↑イタリア版「ドッガァーン」。どう読むんだ…?

では、お待ちかね。ジョジョの擬音で最も有名な「ズッキュウウウン」と「メメタア」を確認してみましょう。


↑キスして「ズッキュウウウン」

↑カエルを殴って「メメタア」


イタリア版ではこうなりました!


SMACK

ZAPP

……。残念。全然面白くなかった…。両方とも、普通に「チュー」と「ドカッ」くらいの意味しかありません。やはり1990年代の翻訳家に、日本のマンガのオノマトペの面白さまで翻訳しろというのが無理だったか…。書体は似せてあるので、それで我慢しましょう。

やはり作品は原語で読むのが一番ですね。とはいえ、翻訳自体はかなり正確ですし、諸外国で敬遠されたり修正が入ったりするナチスの描写もそのままですので(さすが同盟国!)、イタリアに行かれた際にはぜひ手に取ってみてください。


↑ナチスもそのまま!

最近発行された文庫版は、左右反転なしで新しいバージョンになっているらしいので、そちらをお持ちの方は、描き文字等がどうなっているか、ぜひ情報お寄せください。

ではまた。

==補足==

ナチについて、しばしば規制の対象になるということを描きましたが、その実例を挙げておきましょう。まず、ポケモンカード。


この記事でも描きましたが、ポケモンカードの卍が、ナチを連想させるという理由で北米では修正されました。

また、未確認ですが、フランスで『キン肉マン』が大人気だったのに、ナチスのイメージのブロッケンJr.が仲間になったとたんに放送中止になったという話もあります。

最近では海外進出のためか、国内でもナチスのイメージには規制が入るようで、『ワンピース』の白ひげ海賊団の海賊旗が、途中から変更されましたね。


↑左:初期のマーク 右:変更されたマーク

『ジョジョ』でも、アニメ版では「ナチ」という言葉は一度も使われずに、すべて「ドイツ軍」で通してあります。同盟国のせいか、ナチに対する嫌悪感が薄い日本では、政治家が憲法改正について「(ナチの方法を)学んだらどうか」と発言しちゃって大騒ぎになってますし、アニメやマンガにはジオン軍などナチっぽいキャラがあふれ、ナチスドイツのコスプレとかフィギュアとかも人気で『こち亀』でしばしば取り上げられていますが、欧米ではハーケンクロイツを見ただけで拒否反応を示す人だらけのようです。

だからって、お寺のマークの卍にまで文句をつけるなと言いたいですけどね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 アニメブログへ
↑この記事を面白いと思った方は、応援のクリックをお願いします。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

MANGA王国ジパングのツイッターをフォロー 
↑海外情報、マンガアニメ情報、なんでもお寄せください。
  あとpixivを始めました。ご興味ありましたら、ツイッターともども是非フォローください。


↓facebook始めてみました。このブログを「いいね」と思った方は、ポチっとおねがいします ( ^ ^ )




↓管理に推薦のマンガ作成ソフト。
 管理人も使ってます。間違いなく世界一のソフトです。


スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

V
2013年08月08日 22:22
いくらかかったのか気になるw
管理人さん男前やな
 
2013年08月08日 22:57
日本人でも「!?」と思うような荒木さん独特の擬音を海外でどう表現しているのか・・・
これは興味深いですね!
2013年08月08日 23:04
つまるつまらないはわからないけど、結構ちゃんと凝って描いてるなぁって思いました
2013年08月08日 23:17
ジョジョ作中のイタリアの描写をイタリアの読者はどう見るのかな。
ee
2013年08月08日 23:20
GIOGIOじゃないんだね
2013年08月08日 23:46
ナチス入れただけでも十分と思う
2013年08月09日 01:14
ナチ映画は山ほどあるけど、漫画だとダメな場合があるの?
  
2013年08月09日 02:03
>ナチ映画は山ほどあるけど、漫画だとダメな場合があるの?

「ヒトラー最後の12日間」はアメリカやフランス、イギリスのメディアからは「ヒトラーのイメージを修正しようとしてる」とか「ヒトラーの人間性を描こうとしていて危険」、「ナチスドイツの被害を描いているから駄目だ」なんて批判もされてたらしいね
やっぱ映画でも、インディ・ジョーンズみたいに悪役として書かれてないと叩かれるようだ

でも、ナチスに対する批判が、火垂るの墓を批判している連中と被ってるのは、何とも言えない気持ちになるね
 
2013年08月09日 03:09
麻生の発言にしても別にポジティブな意味ではないだろ。
わざわざ中韓煽るように時代錯誤の「富国強兵で改憲だ」とか新聞に意見広告出して騒いだ国基研に対する嫌味で使われたもので、
ナチを見習えという意味で使われたものではない。

嫌味も理解できない人用に言いかえるなら
「おまえらのしている活動は、バカなナチ以下の、もっともバカな活動だ」
無名
2013年08月09日 12:48
改訂版が出たことが大きいな
イタリアの読者も進歩しつつある
2013年08月09日 20:25
政治家が憲法改正について「(ナチの方法を)学んだらどうか」と発言しちゃって大騒ぎになってますし←違いますよW

麻生氏の発言趣旨は ナチがやった「国民の喧騒と狂騒を利用しての独裁憲法へ移行させたやり口(手口)」に日本は(良く)学んで喧騒・狂騒の中では無く冷静に憲法改正議論をしたい て事なんでW

マスコミは180度真逆に(おそらく意図的に)曲解して報道しているのです
ま 小学校高学年くらいの国語力があれば全文読めば誰でもわかる内容なんですけど
報道だけしか見ない人は騙されないよう厳重注意でお願いしますW
※どうしてもわからないって人は「反面教師」って言葉の意味を辞書で調べて下さい
名無し
2013年08月09日 21:48
擬音は英語のようですよ。なのでセリフはその国の言葉に合わせ、擬音は英語にしたんではないでしょうか?
擬音で表現が難しいところは、単語で表現しているようですね。
原作に敬意を払った表現だと思いますよ。
100歩譲って、ジョジョのような擬音を創作したら、原作の面白みは伝わりにくくなると思います。
まずは作品に興味を持ってもらうことが大前提だと思いますが。
ねこ
2013年08月09日 23:41
>>ナチがやった「国民の喧騒と狂騒を利用しての独裁憲法へ移行させたやり口」

いや、違うでしょ。彼は

「ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった。」

って言ってるんだから、狂騒の中じゃなくて、静かに気づかれずに変わっていたって意味でしょ。全文を読んでも、「ワイマール憲法が狂騒の中変わった」とは読めない。ワイマール憲法の改憲は、「狂騒の中起きた悪しき事例」ではなく、「狂騒なしにスムーズに憲法を変えた学ぶべき事例」としか読めないよ。
イージー7
2013年08月14日 03:50
まぁアレジョークだし、いろいろ騒ぎ立てるマスコミに対して
「騒ぎ立てて変なことになるならナチスみたいに勝手に変えればいいんじゃないか?(笑)」
って感じに言っただけなんだろうけど
意図はどうあれ、あぁいう場であぁいう発言しちゃったのは事実だけどな
奈美
2013年08月27日 21:23
麻生氏の発言要旨は「ナチの様になってはいけない」だよ。間違ったまま正確に理解しないで発言しないで欲しい。
toorisugari
2014年02月21日 23:14
これぞ逆輸入。
(荒木先生はイタリアで『ジョジョ』の
 インスピレーションを得たと仰っていました)
呆れたよ
2017年11月03日 02:07
いやはや、別記事でデマに流されるなとか、デマが嫌いと言ってる人間が、麻生さんの言ってたことを曲解かね?呆れるね、この記事を読んで確信したよ、あんたも所詮デマに流された人間の一人だってことをね。
そんな人間が産経新聞のごく一部の誤った記事に対して指摘してたのがお笑いだよ。
マスゴミとか言う人間が嫌いだったそうだが、そのマスゴミに踊らされたあんたはどういう気持ちなんだろうね?
あんたの発言にこそ呆れたよ
2017年11月09日 12:56
>>政治家が憲法改正について「(ナチの方法を)学んだらどうか」と発言しちゃって大騒ぎになってます

これ自体はデマでも曲解でもないだろ。実際に「あの手法に学んだらどうか」と発言して問題視されたろ。お前が麻生の発言をどう解釈しようが、ナチスを引き合いに出したために問題視されたってこと自体はただの事実だろ。

ブログ主は「問題にされた」という事実に触れただけ。ブログ内容を曲解してるのはあんたの方。
怒りの鉄拳・病夫日本仔
2018年05月30日 18:25
ナチス=ヒトラーは優生思想掲げてユダヤ人虐殺して回った大悪党だから忌避されて当たり前だし
アホウはそのナチスの手口を利用して国民に気付かれないうちに憲法を改正しようとしているゲス野郎だから批判されて当たり前
実際アホウは最近でも「セクハラ罪という罪は存在しない」「女性に参政権を与えたのは間違いだった」とか連呼している吐き気を催す邪悪そのものだとさらに明るみになったし