フランスがまた始まった! 超豪華恥ずかしポスター付『To Loveる ダークネス』!

スポンサーリンク


『To Loveる』は2006年に「週刊少年ジャンプ」で連載され、現在も「ジャンプSQ」に連載誌を移して継続中です。連載10年、テレビアニメ化4回という人気作『To Loveる』、は、当然海外でも出版されておりまして、サザえもんはドイツ語版、フランス語版、台湾版、韓国語版を所有しております。今回ご紹介するのはフランス版の『To Loveる ダークネス』1巻および公式データブック『ぱーふぇくとらぶる!』です。


↑左:フランス語版、右:日本語版

おわかりでしょうか? フランス版は表紙がキラキラしてますね。そう、フランス版『To Loveる ダークネス』第1巻およびデータブック『ぱーふぇくとらぶる!』は、キラホイル加工がなされているのです! 表紙からいきなり日本版より豪華です。フランスでの『To Loveる』の人気の高さがうかがえます。




↑左:フランス語版、右:日本語版

中身は日本語版に実に忠実で、翻訳以外の内容的・画像的修正は一切ありません。『ぱーふぇくとらぶる!』に関しては、なんと中の広告まで翻訳する忠実ぶり。フランス人にとって意味がなかろうが関係ないぜ!



↑『To Loveる ダークネス』1巻。
上:日本版古手川さん、下:フランス版古手川さん



↑『ぱーふぇくとらぶる!』
上:日本版古手川さん、下:フランス版古手川さん


↑『ぱーふぇくとらぶる!』
左下のDVDの広告まで同じ。
日本での発売日をフランスで告知してどうするのだ…






もちろん、『To Loveる ダークネス』第1巻初版限定のプレミアムステッカーも、日本版と同じく付属。しかもどういうわけかフランス版の方が紙質がいい…。私の持ってるやつだけかもしれませんが、日本版のはシール台紙がやわらかくてバタバタしているのに対し、フランス版のはきれいです。まあ、どうせどこにも貼る気ないからいいけど…。そういえば、余談ですが日本での『ダークネス』1巻発売当時、あまりの売れ行きに在庫不足が発生して、アマゾンでは初版本が1冊数千円で取引されてましたね。サザえもんは発売日に普通に本屋で購入しました。


↑左:フランス版、右:日本版
写真だとわかりませんが、フランス版の方がシール台紙がしっかりしてます

しかし、フランス版はこれだけではありません! 実は私はこのフランス版『ダークネス』1巻と『ぱーふぇくとらぶる!』はセットで購入したのですが、なんと巨大ポスターのおまけつきだったのです! それがこちら!


↑フランス版限定巨大ポスター

どのくらい大きいか、右下の単行本サイズと比較してください。なんと880mm×680mm! 畳半分くらいあります。でかいです。日本の紙サイズで言えば、A1(841mm×594mm。コンビニでコピーできる最大サイズの4倍の面積)よりさらにでかいです。こんなのがおまけでついてくるんだぜ! すごいよ! フランスさん。そこにシビれる! あこがれるゥ!

しかし、これで終わりではありません! 実はこのポスター、リバーシブル両面ポスターなのです! 裏面は…
お見せできません!(泣)

これ『ぱーふぇくとらぶる!』巻頭の描き下ろしピンナップと同じ絵なんですが、ご覧になりたい方は『ぱーふぇくとらぶる!』をご覧ください。こんな巨大ポスターを部屋に貼っているところを友達や家族に見られたら社会的生命が終わりそうな絵だとだけ申し上げておきます。


↑これに入ってます

というわけで、フランスはすごいなあ、というお話でした。フランスは柔道は強いし、パリは寿司屋とラーメン屋だらけだし、Japan Expoも開くし、tatamiserなんて言葉もあるし、19世紀にはジャポニスムの中心地でしたし、特にフランスでのマンガ・アニメの扱われ方を見ていると、なんか世界一の親日国は実はフランスなんじゃないかって気がしてきます。

(ちなみに、一般的に超親日国と言われているトルコでは、なぜか日本のマンガもアニメもほとんど知られていないんだぜ。どういうことだ! なお、台湾では「週刊少年ジャンプ」の10週打ち切りマンガまで翻訳されてて驚かされるぜ! 加地君也の『マイスター』まで翻訳されていたのにはビビったぜ) 

ではまた!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 アニメブログへ

↑まったく、応援のクリックをしてくれる人は最高だぜ!


Subscribe with livedoor Reader

↑まったく、購読してくれる人は最高だぜ!


MANGA王国ジパングのツイッターをフォロー 

↑海外情報、マンガアニメ情報、なんでもお寄せください。


 


 

↑矢吹神の絵が公式でカラー化!
スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

 
2013年10月14日 03:56
飾ろう(提案)
 
2013年10月14日 05:28
ぐぉに まで翻訳されてるのかな?
 
2013年10月14日 06:37
フランスと言えばお耽美やら何やら倒錯芸術の本場ですからして
なよっとした文化も別段、気にならんのでしょうかね
その点、アメリカも中東もマッチョ過ぎて、
萌えとかそういうのはいつまでも偏見の対象であり続けるのかも、来世紀ぐらいまで
フランスは見習うべき国
2013年10月14日 07:28
アマゾン対策やアメリカの奴隷にならないフランスに
日本も習う必要があるね。TPPとか児童ポルノ所持逮捕とか
犬日本政府はいい加減にしてほしい。
( ・∀・)<グルングルンしれ
2013年10月14日 10:07
( ・∀・)<グルングルンしれ
jun
2013年10月14日 11:15
ミーはフランスに行ってくるザンス
.
2013年10月14日 11:29
玄関に飾ろう(提案)
名無しん
2013年10月14日 11:39
台湾辺りは年齢制限のマークが表紙にあったと思いましたが
こっちは無いんですね、文化として輸出していいかは疑問ですが
まあ、否定したり文句をいってこないだけましですね
通りすがり
2013年10月14日 11:42
『飾れるか!』に笑ったwww
確かにかなり勇気がいる。子供が本買ってポスター持って帰ったら
その親はどうなるのだろう・・・
トルコはアニメ放送してないんじゃない?イスラム圏なだけに。
NHKアニメなら可能でしょうけど、深夜アニメはちょっと無理くさい。
それをやってイスラム圏を洗脳したらノーベル平和賞ものだわ。
フランスは80年代?にアニメ放送バンバンしてたのが
今になって効いてきている。
ななし
2013年10月14日 12:39
流石フランスなだけにすげー
そして戸松の作画が相変わらずおかしいのが気になったw
2013年10月14日 12:48
流石フランスとは言え、これを見たフランス人は「やっぱり日本のものは・・・」としか思わないw
ななし
2013年10月14日 13:27
でもそのぶん漫画の値段も高いんでしょ?高いのに日本と同じ紙質では売れないからいい紙にしてるんだよね。価格設定のための水増しみたいなもんでしょ
 
2013年10月14日 18:27
>それをやってイスラム圏を洗脳したらノーベル平和賞ものだわ。

いまはTVで放送してなくてもインターネットがあるから。
「イスラム ハルヒ」でググるといいよ。

ふっふっふ日本の世界萌化計画は着々と進んでいるのだよ。
「酒と泪と男と女」といえば河島英語
2013年10月14日 20:13
オトナの紳士のみお買い上げ戴くべく豪華仕様、高値設定になっております。お子様とアンチの処刑、じゃなかった、諸兄はご遠慮ください。
2013年10月14日 21:18
世界に広げようHENTAIの輪

広げるな
んんwwwwww
2013年10月14日 23:00
トルコが親日なんて一部のお子さまウヨしか信じてないでしょ。
774
2013年10月14日 23:10
トルコの親日はウヨだけじゃなく、実際にトルコに行った人はみんな言ってることでしょ。

ジャーナリストの兼高かおるさんも、世界一の親日国はトルコって言ってるし、ケマル・アタチュルクが日本を見習って改革したのは有名だし(日露戦争の影響)、イ・イ戦争の時、在イラン日本人をトルコが救出してくれたのも有名。

トルコが親日だというのは、決してアホなウヨだけが言っていることではない。この間、トルコで日本人大学生が殺された事件で、トルコ人たちが日本語で哀悼の意を示した横断幕や、「トルコと日本は永遠の友達」なんてプラカードを掲げていたの見なかったの?
 
2013年10月17日 07:10
サッカーフランス代表と古手川さんが恋人関係なのかと思ったわ
へんたい
2013年10月17日 15:57
世界HENTAI化計画は順調に進んでるようですね
ねこ
2014年08月11日 06:02
ポスター凄すぎw
欲しい
  
2016年05月21日 18:41
世界の漫画市場は日本が1位、2位がフランス。
日本と同じく紙媒体の本を読む文化が、まだ根強いかららしい。
アメリカは電子書籍化が進み過ぎて縮小してる。
 
2016年05月21日 19:49
仏版のタイトルはToLOVEなんですね
ダブルミーニング通じないとしてもせめて-leつけてToLOVE-leにしてほしかったなあ
2016年05月21日 20:26
トルコはいくら緩いつってもイスラム国だべ
2016年05月21日 21:00
こんなのを貼ってる人を見たら、そらふつうのフランス人は困惑するわなぁ
人権団体刺激するのもわかるわ。気持ち悪いセクハラやもんなぁ。
ははは
2016年05月21日 21:38
いま百年戦争の本を読んでるんだけど・・・フランスってよく現代まで国が存続してたなぁって思うwww
名無し
2016年05月21日 22:36
パリのセーヌ川でフランス人が釣りきち三平ごっご
GacHaPR1Us
2016年05月22日 10:42
こら、多分アダルト基準として商品単価を上げる為に装丁をわざわざ高価にしたんだろう。
すると、当然ポスターもアダルト基準で製作できるようになった、と。
さすが消費税30パーセントの国だぜ
  
2016年05月23日 16:30
まあフランスは元からアニメが昔から浸透してたし
シャンソンの泥臭さも妙に演歌に繋がるものがあるしな
わりと波長が合う国なのかもしれん
 
2018年07月22日 08:02
トルコは親日国だとは思いますが、日本のエンタメが浸透する(受け入れられる)かはまた別の話だと思います