【韓国版】『キャプテン翼』レビュー2:大空翼は「ハン・ナルゲ」!

前回に引き続き、韓国語版『キャプテン翼』の紹介です。

スポンサードリンク





本当に、現地韓国に行っても、どういうわけか全く見つけることができず、古本屋を何件も回っても影も形もなかった韓国版『キャプテン翼』、韓国でのタイトルは『날아라 캡틴(飛べキャプテン)』です。



前回紹介した通り、翼君の胸の日の丸が韓国旗になっています。登場人物、舞台も韓国人、韓国になっているということでしょうか? 単行本頭の登場人物紹介を見てみましょう。


↑登場人物紹介


名前を見てみましょう。


大空翼 ⇒ 한날개 (ハン・ナルゲ)


岬太郎 ⇒ 신준호 (シン・ジュノ)


日向小次郎 ⇒ 나영웅 (ナ・ヨンウン)


三杉純 ⇒ 유강한 (ユ・ガンハン)


みんな韓国名になっていますね。ちなみに、翼君の名前、「ハン・ナルゲ」ですが、「ナルゲ」とは「翼」という意味の韓国語です。「ハン」も、韓国語では「韓」や「一」の意味もありますし、発音が近い「하늘」(ハヌル)は「空」という意味なので、「大空翼」を韓国名にするにあたっては、ちょうどいい名前ですね。

他のキャラは

若林源三⇒ノ・ジャンス

若島津健⇒ハ・ガンフン

早田誠⇒チョ・ソンジュン

等となっております。

ちなみに、翼くんはイタリア、スペイン、フランスでは「オリベル」(オリーブ)という名前になっていまして、このように名前が変わるのは韓国に特有な現象ではありません。ただし、ヨーロッパ版『キャプテン翼』でも、翼くんは日本人のままで、国籍のローカライズはされておりません。なお、『キャプテン翼』のローカライズで、一番すごいのはファミコン版『翼』のアメリカ版でしょうね…。是非こちらで記事をお読みください。衝撃的ですよ。


↑北米版ファミコン『キャプテン翼』


次回、韓国版の内容を見ていきたいと思います。

ではまた!


↓こちらはフランス版


↓スペイン版


↓ドイツ版


人気ブログランキングへ にほんブログ村 アニメブログへ
↑まったく、応援のクリックをしてくれる人は最高だぜ!

Subscribe with livedoor Reader
↑まったく、購読してくれる人は最高だぜ!

MANGA王国ジパングのツイッターをフォロー
↑海外情報、マンガアニメ情報、なんでもお寄せください。

↓このブログを「いいね」と思った方は、ポチっとおねがいします ( ^ ^ )
Manga王国ジパング



スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント

名無し
2016年05月10日 21:56
勝手に韓国国旗付けて韓国人がキャプテン翼を韓国の漫画だと勘違いしてたんだっけ。作者とも色々トラブルになってたけど今はどうなん?