イギリス人が描いたMANGA『ロミオとジュリエット』がクールすぎる ②

前回、イギリスで出版された「Manga Shakespeare」シリーズの『ロミオとジュリエット』をほんの一部だけ紹介しました。登場人物紹介までしかしてないのに、ものすごいツッコミどころの多さだったんですが、今回はマンガの内容を見ていきましょう!
画像
↑1ページ目

まずは背景から入るのはマンガの基本ですが、のぼりや看板に「渋谷 SHIBUYA」とか「表参道」とか書いて渋谷っぽさをアピールしています。イギリス人にわかるかどうかは疑問ですが。

それにしても、この背景、デッサンがめちゃくちゃ狂ってるんですが、だれも指摘しなかったのでしょうか?
画像
消失点が思いっきりずれている

まあ、今回はマンガの技術講座じゃないからいいや(でも遠近法って日本のマンガの技術っていうよりヨーロッパの技術だよなあ)。ページを捲ってみましょう。

画像
↑最初の見開き

おお、たしかに日本のマンガっぽい。マンガっぽいけど、ノド(内側)の方までタチキリしてしまっているあたりがやっぱり素人っぽい。その辺は多分イギリスでマンガの描き方を教えてくれる人がいなかったんでしょうから、仕方がないところではあります。

ところで、日本のマンガしか読んだことがない人はどの辺が「マンガっぽい」のかわかりづらいと思いますので、一応解説しておきますと、

1.白黒である(アメコミはフルカラーが普通)

2.スクリーントーンが使ってある(白黒のアメコミでも、トーンは使っていない。使っていてもカケアミ程度)

3.絵柄がマンガ的(これはなんとなくわかるよね)

4.フキダシが丸い縦長(アメコミは横長がほとんど。日本のマンガのフキダシが縦長なのは、日本語が縦書きだからである)

あたりがマンガっぽいです。

画像
↑欧米のコミックは基本こんな感じ


じゃあ、内容を詳しく見ていきましょう。

画像

キャピュレット家(ジュリエットの家)の2人のヤクザが渋谷の表参道で(おそらく親分の家と思われる建物の前に)立っていると、そこにモンタギュー家(ロミオの家)の人間がやってきます。このうちの1人は Abraham と言いますが、日の丸THE Montagues と書かれたTシャツを着ているというキャラデザインです。なんだか外人用土産のTシャツっぽいです。

画像
↑登場人物紹介ページから

ところで、キャピュレット家のヤクザ2人、表参道を日本刀を持って歩いているんですが、どういう世界なんだ、これは。『斬』の現代か?

するとこの4人、単に会っただけだというのにいきなり決闘になります。
画像
画像
Draw thy tool.
Here comes of the house of Montagues.
Do you quarrel, sir?
Quarrel, sir? No, sir.
Draw, if you be men!

何言っとるかわからん!

やべえ、これシェークスピア時代の英語だ。your じゃなくて thy なんて言ってる。ただでさえ何が起きとるのかわけわからんのに(本当に展開が唐突なのだ)、余計にわけわからん。

マレーシア生まれで
タイ出身の
イギリス人が描く
シェークスピアをテーマに
現代日本を舞台にして
初期近代英語で書かれた
任侠マンガ


もう何がなんだか。

で、ティボルト(キャピュレット夫人の甥)とベンヴォーリオ(モンタギューの甥でロミオの友人)の2人が加わってチャンバラになります。
画像
画像
↑1コマ目、どうやって刀を受け止めてんだ?

そこにエスカラスという人物がやってきます。シェークスピアの原作ではエスカラスは公爵らしいですが、このマンガでは警察官です。にもかかわらず原作のまま Prince Escalus となっているのが面白いやら、変な感じやら。

画像
で、「この平和の敵ども!武器を地面に捨てろ!」ってなことを言います。早速逮捕です!

Capulet and Montague have thrice disturbed the quiet of our streets...
If ever you disturb our streets again,,,
your lives shall pay the forfeit of the peace.

(キャピュレットとモンタギューはこれまで3度この街を騒がせた。
もしもう1度そのようなことがあれば
命をもってその代償を支払ってもらうぞ!)

んん!? 「もう1度そのようなことがあれば」!? 逮捕しなのか!?

で、ページを捲ると、もう警察いなかった。出番1ページで終わりです。
画像
↑次のページ。もう警察がいなくなってる

渋谷で数人の男が日本刀振り回して決闘してたのに、警察は逮捕しないで注意だけで行っちゃいました。本当に『斬』みたいな世界になっています。そういう世界設定なんだというふうに理解しましょう。

193ページあるマンガなのに、8ページ目の時点でこの突っ込みどころ満載っぷり。きりがないのでこっからは駆け足で紹介します。

この後ロミオが登場します。何か木の下で恋の病で泣いております。
画像
↑ロミオ初登場シーン

舞台は移り、ジュリエットも登場します。
画像
↑ジュリエット初登場シーン

ジュリエットはセーラー服で登場です。日本の女子高生がセーラー服を着ているのは、『セーラームーン』以降もはや世界の常識です。

で、この後は大体原作の通りの展開をします。ロミオがキャピュレット家のパーティーに行って、ジュリエットと出会って、都合よく2人とも一目ぼれして、「どうして貴方はロミオなの」ってなって。まあ、そこは省略。

少々余談ですが、このマンガを読んでいると、時々かなり不自然な感じでデフォルメキャラが登場します。

画像
↑こんな感じのデフォルメが相当不自然に挿入される

どうも諸外国ではデフォルメキャラは日本のマンガ・アニメの特徴の一つと捉えられているようで、Chibi として知られています。何冊も How to draw chibi なんて本が出版されているくらいでして、この辺、日本人が当たり前として捉えているものが欧米人の目には奇異に映るなんて、面白いですね。

画像
↑アメリカで発売されているチビキャラの描き方の本

なので、外国人が書く MANGA には、しょっちゅうデフォルメキャラが登場します。しかも、多くの場合何の脈絡もなくかなり不自然な感じで使われています。まだまだ日本式の表現に不慣れな感はぬぐえませんが、もしこのまま欧米でも MANGA を描く作家が増え続ければ、そのうち慣れてくることでしょう。

それはそうと、話をストーリーに戻しましょう。

ロミオの友人マキューシオとベンヴォーリオが路上ライブをやっているところに、キャピュレット家のティボルトがやってきて、再び戦いになります。
なんとマキューシオくん、ギターから武器を取り出します!なんでそんなところに武器を隠しているんだ、お前は。
画像
↑武器を取るマキューシオ

そして、マキューシオがティボルトに殺されて、それに怒ったロミオにティボルトが殺されます。

原作ではロミオはこの殺人事件によってヴェローナの街を追放されるんですが、
ここでは渋谷を追放されます
なんじゃそれ。

また、原作ではロミオはロレンス修道士という人がいる教会に逃げ込むんですが、
ここでは神社に逃げ込みます
画像
↑神社に逃げ込んだロミオ。
ロレンス修道士は神主だ

そして、ロレンス修道士はロミオにマントヴァ(英語名Mantua)という街に行くように言うのですが、ここでロレンス修道士が渡す通行手形には思いっきり
京都」って書いてあります
画像
↑「マントヴァへの通行手形だ」と言いながら
「京都」と書いたチラシを渡すロレンス修道士。

Mantua District とか Ryokan Mantua とかの文字も確認できますので、
どうもマントヴァは京都にあるらしいです。

東京を追放されて京都に行く…。どうもこれで殺人の罪は許されるらしい。なんてこった。

この後の展開は原作の通りなので端折りますが、最終的にはロミオとジュリエットが自殺しておしまいです。

ところで、前回、登場人物紹介のページで、ロミオがロック歌手だという設定を紹介しましたが、本編には一切登場しませんでした

友人のマキューシオがギター(らしきもの)を持ち、そこから武器を取り出すシーンはありましたが、マキューシオもギター弾いているシーンはありません。ロミオも、ギターを弾くシーンも歌うシーンもありませんでした。なんだったんだ、あの rock idol っていう設定は

さらにジュリエットが Shibuya Girl だという設定も一切関係ありませんでした。渋谷と思われる背景が登場したのは最初の3ページの表参道だけでした。結局、現代の東京を舞台にしたのに、セリフをシェークスピアの原文のままにこだわったために、これらの設定が何の意味もなさなくなったのでしょう。そんなこと描く前に気がついてほしかったところですが、面白いからいいや。

それにしても、ものすごい突っ込みどころの多さでした。これだから世界は侮れません。

この「MANGA SHAKESPEARE」シリーズは10冊以上出ていて日本のアマゾンでも購入できるので、興味をもたれた方は是非購入してみてください。絶対に面白いと思います。

「MANGA王国ジパング」では、今後も世界のMANGAを紹介していきます。

ではまた!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 アニメブログへ
↑この記事を面白いと思った方は、クリックしてくださると大変嬉しいです

Manga Shakespeare: Romeo and Juliet
Harry N. Abrams
William Shakespeare
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Manga Shakespeare: Romeo and Juliet の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"イギリス人が描いたMANGA『ロミオとジュリエット』がクールすぎる ②" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント