北米マンガ翻訳界10年の進化を見よ! 北米版『めぞん一刻』

高橋留美子は30年間日本マンガ界を牽引してきた天才マンガ家ですが、その人気は世界レベルであることをご存知でしょうか。日本的でありながら、宇宙人やカンフーアクションを取り入れた、どこか無国籍な感覚が世界でウケた原因でしょう。

スポンサードリンク

北米最大手のマンガ出版社VIZは、早くからその才能に目をつけ、マンガ・アニメ両方の権利を取得し、特に『らんま1/2』は、『NARUTO』進出まで北米最高売り上げを記録していました。高橋留美子なくして、北米マンガ出版の歴史は語れません。というわけで、今回は高橋留美子の傑作『めぞん一刻』を基に、北米マンガ出版の進化を見てみましょう。

日本では82年発行の『めぞん一刻』第1巻ですが、北米発出版はそれから12年後の94年でした。ずいぶん遅く感じるかもしれませんが、北米でマンガ出版が本格的に始まったのは1987年で、まだ『ドラゴンボール』のような人気作も出版されていなかったので、これでもかなり早い段階であったと言えます。その後2003年に版を変えて再出版されました。今回は、日本版、94年版、03年版の3つを比較して、94年の段階と03年の段階の北米マンガ事情の違いを紹介しましょう。


↑左:日本版、中:94年版、右:03年版

一目見てわかる通り、94年版はサイズが大きいです(値段も17ドルもする。高い! 当時よくこんな高いの買ったな、オレ…) どういうことかと言いますと、このサイズはアメコミの単行本サイズなんです。当時のVIZはアメリカ人に受け入れられやすいよう、いろいろな工夫をしていました。

もっとも大きな変更点として、94年版は左右反転されていました。




↑上:日本版 下:北米94年版

2000年代に入るまで日本のマンガはすべて左右反転されて出版されていました。もちろん、左から右に読む英語に合わせるためです。描き文字や街の看板などもすべて英語に直されています。

それだけではなく、日本円が分かりづらいと判断されたのか、通貨がドルになっています。ここまで変えるというのは、ちょっと意外でした。アメリカ人は、日本の通貨がドルだと勘違いするんちゃうか?




↑上:日本版 下:北米94年版

さらに、第1巻の3話~6話、五代くんの浪人話が丸々カットされています。理由はわかりませんが、おそらく日本の大学受験とか浪人とかの設定が、アメリカ人に理解できないと判断されたのでしょう。


↑浪人時代のこのへんのエピソードは全カット。
試験から逃げ出す五代くんの姿は、
最終回近くで試験から逃げない姿と比較することで
五代くんの成長を表せる重要なエピソードだと思うのですが
カットされてしまい残念

このように、94年版は様々な変更をすることでアメリカの読者にアピールしようとしていました。

ところが、2000年代、アメリカに異変が起きます。インターネットの発展もあり、日本の情報が伝わるようになると、読者がオリジナルに近い商品を求めるようになりました。そして、2003年版では、描き文字を英語に直す以外の変更はすべてなくなり、より日本版に近いものになっています。


↑左右反転がなくなり


↑通貨も円に直され


↑94年版ではカットされていたエピソードも復活

94年から03年までの約10年で、アメリカマンガ翻訳事情が大幅に変わったことがよくわかると思います。90年代にはVIZの独占状態だった日本マンガの翻訳も、様々な出版社が参入するようになり、現在はまた少し事情が変わってきておりますが、日本オリジナルへのリスペクトは増す一方です。

この94~03までの間に、アメリカでどういう変化があったかは、またいろいろな話があるのですが、それはまた次の機会に語るとして、今回はここまでといたしましょう。2000年以降の急激な変化については、ほかの記事でも少し書いておりますので。こちらこちらの記事も、ぜひ参考にしてください。

余談ですが、みなさんも、海外で欲しいものがあったら、「後で買える」なんて思わず買っちゃったほうがいいですよ。旧版の『めぞん』なんてもう手に入らないので、買っといてよかったなーと思っております。昔あだち充の短編集の英語版を買わなかったのが、今でも悔やまれます…。なぜか今amazonで買おうとすると5000円くらいする…。あの時17ドルで買っときゃよかった…。

ではまた!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 アニメブログへ
↑この記事を面白いと思った方は、応援のクリックをお願いします。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

MANGA王国ジパングのツイッターをフォロー 
↑海外情報、マンガアニメ情報、なんでもお寄せください。
  あとpixivを始めました。ご興味ありましたら、ツイッターともども是非フォローください。


↓facebook始めてみました。このブログを「いいね」と思った方は、ポチっとおねがいします ( ^ ^ )


↓『めぞん一刻』英語版。もう新品では手に入りにくくなってる


↓旧版『めぞん一刻』


↓『一ポンドの福音』英語版。めっちゃ好きっす。


↓現在連載中『境界のRINNE』。北米史上初の、日本との同時公開をしている作品。


↓北米で大人気を得た『犬夜叉』


↓日本のプレーヤーでも再生可能な『犬夜叉』北米版BD


↓『らんま1/2』の英語版が新しくなって再登場


↓管理人が昔買い損ねたあだち充の短編集。なぜか北米では無名のあだち充センセ。

"北米マンガ翻訳界10年の進化を見よ! 北米版『めぞん一刻』" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント