パリは萌えているか? 日台仏合作? フランス製萌え萌え日本昔話絵本

フランスは日本のマンガ・アニメがヨーロッパの中でも特に人気がある国です。今回はそんなフランスのちょっと変わり種を紹介しましょう。フランス製日本昔話絵本です! 去年パリで購入してきました。


↑上から『鉢かづき姫』『鶴の恩返し』『竹取物語』

ちなみに、タイトルは
『鉢かづき姫』⇒ La Princesse au Bol Enchanté (魅惑の椀の姫)
『鶴の恩返し』⇒ Le Secret de la Grue Blanche (白鶴の秘密)
『竹取物語』⇒ Kaguya Princesse au Clair de Lune (かぐや ~月の光の姫~)
となっております。

スポンサードリンク

まず、フランスで日本昔話の絵本が出ているというだけでもちょっと面白いのですが、これは日本で発売されたもののフランス語版ではなく最初からフランスで作られたもので、さらに絵が見ての通り萌え絵なことです。内容はこんな感じです。


↑『鉢かづき姫』より(クリックで拡大できます)


↑『鶴の恩返し』より。若者もイケメンです




↑『鶴の恩返し』より。悪役もなかなか威厳あり


↑『竹取物語』より。ちょっと昔の少女マンガ風。




↑求婚されて困るかぐや姫。か、かわいいじゃないか…


↑『竹取物語』より。羽衣伝説と混じってる気がする

当然内容は全編フランス語ですが、イラストは実に美麗で、日本的な萌え絵です。最近日本中どこ行っても萌えおこしが行われていますが、萌化の波はフランスにまで届いていたのですね。


↑余談ですが、『あまちゃん』で話題の久慈市に行ってきたとき
レストランの箸袋に描かれていたイラスト。
被災地も萌えていました。


ところで、どうでもいいっちゃどうでもいいんですが、『鶴の恩返し』のストーリーが、管理人が知っているのとちょっと違っていました。 

このフランス絵本では、「まこと」という名前の農民の若者が鶴を助けて、その鶴が「さおり」という名前の女性になってまことの家を訪れ、二人は夫婦になります。さおりが機(はた)を織り、その機を売ってお金を稼ぎますが、機を織るたびにさおりはやつれていきます。そして、まことはさおりに機を織るのをやめさせ、機の注文が来ても断り続けました。

ところが、さおりの噂を聞きつけた大名(Le seigneur Urakami(ウラカミ様)という名前がついてる)が「私のために、7日間かけて最高の機を織れ」と命令し、まこととさおりは断れません。さおりは再び機を織るのですが、7日目の朝、妻の身を案じ、耐え切れなくなったまことが扉を開けると、そこには鶴がいました。姿を見られた鶴は、飛んで行ってしまうのでした。

私が知っている話だと、「まこと」「さおり」なんて現代的な名前はついていませんでしたし(有名なのは『夕鶴』の「与ひょう」と「つう」ですね)、バージョンによっては若者じゃなくて老夫婦でした。また、機を織って具合が悪くなるとか、大名が機織りを命じに来るとかもありませんでしたし、部屋をのぞいたのも単に好奇心に勝てなかっただけだったと思います。(今考えると、好奇心に勝てなかっただけで約束を破るってとんでもないな)

なんとなく現代的なアレンジが加えられているフランス版『鶴の恩返し』ですが、これってフランス独自アレンジなんですかね? それとも日本でもこういうバージョンがあるんでしょうか。どなたかわかる方いらっしゃいましたらお教えください。

あと、ちょっと面白いのがイラストレーター。この『竹取物語』のイラストを描いているのは日本人なのですが、『鉢かづき姫』と『鶴の恩返し』のイラストは台湾人のEin Leeさんが描いているのです。


↑『鉢かづき姫』作者紹介。
上がイラストのEin Lee。
下が文章のSamantha Bailly

台湾人がイラストを描き、フランス人が本文を書いた日本昔話の絵本がフランスで出版されるという、なんともインターナショナル

なお、この出版社のホームページを見ると、幼年向けから小学生くらいの子供までの本をいろいろ出版しているみたいですね。日本のものの翻訳もあれば、フランスで独自に作ったものもあるみたいです。サザえもんは外国の昔話などはほとんど知らないのですが、こういう文化交流がますます広がってくれると楽しいですね。

最後に、どうでもいい話ですが、『あさりちゃん』で有名な室山まゆみの作品で『すうぱあかぐや姫』という、おとぎ話の住民がたくさん出てくるギャグマンガがありまして、そこに「はちかつぎ」というのが出てくるんですが、正しくは「はちかづき」です。「かづく」というのは「頭にかぶる」という意味で、鉢を担いでいるわけではないので、そこんとこよろしく。


↑室山作品は小学生のころ大好きでした。
『あさりちゃん』より、この『すうぱあかぐや姫』や
『どろろんぱっ!』の方がファンタジックで好きだったのですが、
なぜかあまり長続きしませんでしたね

ではまた!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 アニメブログへ
↑まったく、応援のクリックをしてくれる人は最高だぜ!

Subscribe with livedoor Reader
↑まったく、購読してくれる人は最高だぜ!

MANGA王国ジパングのツイッターをフォロー 
↑海外情報、マンガアニメ情報、なんでもお寄せください。


↑萌えは地球を救う! 喧嘩で燃えるより、美少女で萌えよう!
まったく、萌え美少女は最高だぜ!



↑『もえたん』イラストレーターによる萌え絵本。こうして日本人は赤子のころから萌えを覚えるのである…。
まったく、萌え絵本は最高だぜ!


↑フィギュアまで出すとは恐れ入った! みなさん買ってください。


↑外国人の視点で日本語を見つめなおす超おすすめエッセイマンガ。大ファンです。オタクフランス人も登場。
最新第4巻では、ヨーロッパを旅しながら各地の日本語学習生と交流します。
まったく、語学エッセイの最高傑作だぜ!


↑芸術の国は、ヨーロッパ一のオタク国なのである。


↑膨大なコレクションを持つオタク層。 もし、そんな彼らが不運にも突然の死に見舞われた場合、そのコレクションは文化的に貴重であっても、価値の分からない遺族は粗大ゴミとして捨てる可能性がある。 さらに、死後に恥ずかしいコレクションが露見し、遺族がさらに悲しい思いをすることがあるかもしれない。 また、現代社会ではパソコンや携帯電話は必需品だ。 ネット銀行や有料サイトなど、当人だけしか知らない情報を抱えて逝ってしまった場合、その対処方法に関してはほとんど知られていないと言える。 本書では、オタクに限らず現代社会に生きる我々が、心おきなく逝けるように準備する方法を、専門家のインタビューやマンガを交えて、分かりやすく解説します。 (アマゾンの解説より)


↑フランスの絵本について

↓facebook始めてみました。このブログを「いいね」と思った方は、ポチっとおねがいします ( ^ ^ )

"パリは萌えているか? 日台仏合作? フランス製萌え萌え日本昔話絵本" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント