フランスがまた始まった! 超豪華恥ずかしポスター付『To Loveる ダークネス』!

スポンサーリンク


『To Loveる』は2006年に「週刊少年ジャンプ」で連載され、現在も「ジャンプSQ」に連載誌を移して継続中です。連載10年、テレビアニメ化4回という人気作『To Loveる』、は、当然海外でも出版されておりまして、サザえもんはドイツ語版、フランス語版、台湾版、韓国語版を所有しております。今回ご紹介するのはフランス版の『To Loveる ダークネス』1巻および公式データブック『ぱーふぇくとらぶる!』です。


↑左:フランス語版、右:日本語版

おわかりでしょうか? フランス版は表紙がキラキラしてますね。そう、フランス版『To Loveる ダークネス』第1巻およびデータブック『ぱーふぇくとらぶる!』は、キラホイル加工がなされているのです! 表紙からいきなり日本版より豪華です。フランスでの『To Loveる』の人気の高さがうかがえます。




↑左:フランス語版、右:日本語版

中身は日本語版に実に忠実で、翻訳以外の内容的・画像的修正は一切ありません。『ぱーふぇくとらぶる!』に関しては、なんと中の広告まで翻訳する忠実ぶり。フランス人にとって意味がなかろうが関係ないぜ!



↑『To Loveる ダークネス』1巻。
上:日本版古手川さん、下:フランス版古手川さん



↑『ぱーふぇくとらぶる!』
上:日本版古手川さん、下:フランス版古手川さん


↑『ぱーふぇくとらぶる!』
左下のDVDの広告まで同じ。
日本での発売日をフランスで告知してどうするのだ…






もちろん、『To Loveる ダークネス』第1巻初版限定のプレミアムステッカーも、日本版と同じく付属。しかもどういうわけかフランス版の方が紙質がいい…。私の持ってるやつだけかもしれませんが、日本版のはシール台紙がやわらかくてバタバタしているのに対し、フランス版のはきれいです。まあ、どうせどこにも貼る気ないからいいけど…。そういえば、余談ですが日本での『ダークネス』1巻発売当時、あまりの売れ行きに在庫不足が発生して、アマゾンでは初版本が1冊数千円で取引されてましたね。サザえもんは発売日に普通に本屋で購入しました。


↑左:フランス版、右:日本版
写真だとわかりませんが、フランス版の方がシール台紙がしっかりしてます

しかし、フランス版はこれだけではありません! 実は私はこのフランス版『ダークネス』1巻と『ぱーふぇくとらぶる!』はセットで購入したのですが、なんと巨大ポスターのおまけつきだったのです! それがこちら!


↑フランス版限定巨大ポスター

どのくらい大きいか、右下の単行本サイズと比較してください。なんと880mm×680mm! 畳半分くらいあります。でかいです。日本の紙サイズで言えば、A1(841mm×594mm。コンビニでコピーできる最大サイズの4倍の面積)よりさらにでかいです。こんなのがおまけでついてくるんだぜ! すごいよ! フランスさん。そこにシビれる! あこがれるゥ!

しかし、これで終わりではありません! 実はこのポスター、リバーシブル両面ポスターなのです! 裏面は…
お見せできません!(泣)

これ『ぱーふぇくとらぶる!』巻頭の描き下ろしピンナップと同じ絵なんですが、ご覧になりたい方は『ぱーふぇくとらぶる!』をご覧ください。こんな巨大ポスターを部屋に貼っているところを友達や家族に見られたら社会的生命が終わりそうな絵だとだけ申し上げておきます。


↑これに入ってます

というわけで、フランスはすごいなあ、というお話でした。フランスは柔道は強いし、パリは寿司屋とラーメン屋だらけだし、Japan Expoも開くし、tatamiserなんて言葉もあるし、19世紀にはジャポニスムの中心地でしたし、特にフランスでのマンガ・アニメの扱われ方を見ていると、なんか世界一の親日国は実はフランスなんじゃないかって気がしてきます。

(ちなみに、一般的に超親日国と言われているトルコでは、なぜか日本のマンガもアニメもほとんど知られていないんだぜ。どういうことだ! なお、台湾では「週刊少年ジャンプ」の10週打ち切りマンガまで翻訳されてて驚かされるぜ! 加地君也の『マイスター』まで翻訳されていたのにはビビったぜ) 

ではまた!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 アニメブログへ

↑まったく、応援のクリックをしてくれる人は最高だぜ!


Subscribe with livedoor Reader

↑まったく、購読してくれる人は最高だぜ!


MANGA王国ジパングのツイッターをフォロー 

↑海外情報、マンガアニメ情報、なんでもお寄せください。


 


 

↑矢吹神の絵が公式でカラー化!

"フランスがまた始まった! 超豪華恥ずかしポスター付『To Loveる ダークネス』!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント