テーマ:ジャンプ

『キャプテン滝』! フランス版『キャプテン翼』の主役は滝で著作権は小学館? 芸術の国フランスの謎!

ワールドカップが盛り上がると同時に、「レバンドフスキも翼君のファンだった」など、『キャプテン翼』にまたも注目が集まっています。以前、イタリア版を中心に前々回紹介しました(記事はこちら)。今回はヨーロッパ版の中でも驚きの、フランス版を紹介しましょう。 スポンサードリンク こちら、私所蔵のフランス版DVD-BOXです。タイトルは…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【ヒカルの碁】 北米では中学生の喫煙は禁止です! (注:日本もです)

アメリカタバコ事情 日本では銃は簡単に手に入らず、銃犯罪による年間の死者数は、年間10人以下です。(2014年は6人、2015年は1人) 一方、アメリカでは年間3万人以上、日本の数千倍です。日本では平気で少年マンガでも銃が登場しますが、アメリカでは深刻な分、けっこうセンシティブです。 最近さらにアメリカ人が…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

【HUNTER x HUNTER】フランス版でクラピカの性別論争に決着!!

連載再開して再ブームが期待される『HUNTER x HUNTER』。 スポンサーリンク その人気キャラ、クラピカが男か女かというのは、公式でも記述が異なるぐらいの謎でファンの関心事です。 ところが、フランス版ではこのクラピカの性別の謎に、はっきり答えが出ているのです! 第1巻のこのシーン、フランス版で…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

【アメリカ】日本マンガのタラコ唇の黒人は黒人差別か!? アメリカ版『ドラゴンボール』

前回『ドラゴンボール』ミスター・ポポがアメリカは黒人に対して差別的だと見なされた、という話をしましたが、他のキャラクターはどうなっているのか、という質問があったので調べてみました。 ↑7巻 ↑7巻 ↑14巻 やっぱり唇が直してあります。2枚目、3枚目は分かりづらいですが、唇にもトーンを貼って、唇が強調され…
トラックバック:0
コメント:49

続きを読むread more

フランスがまた始まった! 超豪華恥ずかしポスター付『To Loveる ダークネス』!

スポンサーリンク 『To Loveる』は2006年に「週刊少年ジャンプ」で連載され、現在も「ジャンプSQ」に連載誌を移して継続中です。連載10年、テレビアニメ化4回という人気作『To Loveる』、は、当然海外でも出版されておりまして、サザえもんはドイツ語版、フランス語版、台湾版、韓国語版を所有しております。今回ご紹介するのは…
トラックバック:0
コメント:29

続きを読むread more

【アメリカ】『ドラゴンボール』 ミスター・ポポは黒人差別だ!

アメリカは銃犯罪が多いからフィクションでの銃の表現に敏感ですし、黒人差別が存在するから、黒人表現にも敏感です。今日はそんな一例をご覧に入れましょう。 スポンサーリンク 今でも大人気の『ドラゴンボール』の英語版を読んでいたら、ミスター・ポポの表現が変わっていました。 ↑左:日本 右:北米 ↑左:日本 右:北…
トラックバック:0
コメント:77

続きを読むread more

【韓国版】『キャプテン翼』レビュー2:大空翼は「ハン・ナルゲ」!

前回に引き続き、韓国語版『キャプテン翼』の紹介です。 スポンサードリンク 本当に、現地韓国に行っても、どういうわけか全く見つけることができず、古本屋を何件も回っても影も形もなかった韓国版『キャプテン翼』、韓国でのタイトルは『날아라 캡틴(…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【韓国】『キャプテン翼』の韓国語版をついに入手! 日の丸が太極旗に!

このブログを始める前から、私がずっと欲しくてたまらなかったものの一つ、それが『キャプテン翼』の韓国語版です。 スポンサードリンク ネットを探しても、実際に韓国に行って本屋を巡っても、古本屋を巡っても、全く見つけられなかった『キャプテン翼』韓国語版。まさに幻の作品となっていた『キャプテン翼』韓国語版を、ついに手に入れま…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

『銀魂』5000万部記念:英語版「ノーパンしゃぶしゃぶ」の行方

また久しぶりの更新です。これまでは時間をかけて大きな記事をたまに書いていたのですが、今後は大きな更新をするのではなく、日々小さな短い記事を書いてみたいと思います。 スポンサードリンク 実のところ、大手海外の反応サイトのリンクから外れて以来、一気に訪問者数が数分の1にまで減ってしまい、この2年ほど全然更新していなかったので…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

蔵馬敗北? フランス版『幽☆遊☆白書』「禁句(タブー)」の回はグダグダだった!

『幽☆遊☆白書』の「禁句(タブー)」の英語版の話は、これまでこのブログでは2回紹介し、大変ご好評いただきました(アニメ版はこちら! 原作版はこちら!)。みなさんありがとうございます。今回はその続きで、フランス版を紹介したいと思います。 『幽☆遊☆白書』の「禁句(タブー)」の話を改めて紹介しましょう。『幽☆遊☆白書』は『HUNT…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

マレーシアでジャンプマンガ『スラムダンク』に秋田書店が参戦!? 日本人の知らざる戦い

『スラムダンク』というマンガを、全く聞いたこともないという読者はこのブログにはいないのではないでしょうか。発行部数1億部を超える、言わずと知れたスポーツマンガの金字塔です。このブログの管理人・サザえもんも連載中ハマりまくり、当然のごとくバスケットを始めました。(ちなみにサザえもんは、『ヒカルの碁』を読んで囲碁を始め、『キャプテン翼』…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

日米韓台でもLは知っているのか? 『DEATH NOTE』4か国語比較!

言葉遊びの翻訳が難しいことは、今更言うまでもないと思います(例1、例2)。 スポンサードリンク 今回はそんな一例を日本版、北米版、台湾版、韓国版の『デスノート』からご紹介しましょう。 ↑上左:日本、上右:北米、下左:台湾、下右:韓国 今回取り上げるのは、主人公・月(ライト)が、デスノートの力のテストをすると同時に…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

『幽☆遊☆白書』「禁句(タブー)」の英語版はやっぱり大変だった!(原作編)

『幽☆遊☆白書』と言えば、『HUNTERxHUNTER』の冨樫義博の出世作で、ジャンプ黄金期を支えた作品で、「邪眼」「暗黒」「黒龍」「植物使い」「氷使い」「風使い」などなど、日本の長いマンガの歴史の中でも特に中二病的要素が強い作品として知られております。六花ちゃん大喜びw スポンサーリンク それはそうと、この『幽☆遊☆白…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

イタリアでズッキュウウウン! イタリア版『ジョジョの奇妙な冒険』

イタリアを、このサイトの管理人・サザえもんが大好きであることは、ここの常連さんならご存知のことかと思います。そんなサザえもんが、前々からほしかったイタリア版を漸く入手しました。 スポンサードリンク 『ジョジョの奇妙な冒険』イタリア版! ドッパーン! 現在第10巻まで入手しております(とはいえ、1冊のページ数が少な…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

あの人が女体化!? 北米版FC『キャプテン翼』がアメリカンすぎる!(その4)

ファミコン『キャプテン翼』北米版第4回。これまでのは⇒第1回、第2回、第3回。今回で最終回! 一気にラストまでご紹介します。 スポンサードリンク 全国大会決勝、勝てば南葛単独優勝。引き分ければ南葛と東邦の両校同時優勝です。それは北米版でも受け継がれました。ここは原作どおり、両校同時優勝バージョンを紹介しましょう。これ大変だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金髪日向小次郎登場! 北米版FC『キャプテン翼』がアメリカンすぎる(その3)

ファミコン『キャプテン翼』北米版第3回。第1回、第2回はそれぞれこちらとこちら。前回花輪を倒したところまで紹介したので、今回は全国大会で日向小次郎を倒すところまでを紹介しましょう。 スポンサードリンク この北米版『キャプ翼』では、北米で『キャプ翼』が知られていなかったためなのか、著作権上の問題なのか、キャラクターが全てアメリ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ポンチ兄弟による改良版スカイラブ炸裂!北米版ファミコン『キャプテン翼』がアメリカンすぎる!(その2)

サッカーが大好きです。サザえもんはサッカーに限らず基本的にスポーツ観戦大好きですが、特にサッカー日本代表戦は好きすぎてたまりません。その日本サッカーを強くしたマンガと言えば、やはり『キャプテン翼』! というわけで、ファミコン『キャプテン翼』のアメリカ版の特集第2回です。第1回はこちら。 スポンサードリンク 前回アメリカでファ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

北米版ファミコン『キャプテン翼』がアメリカンすぎる!(その1)

ファミコン『キャプテン翼』と言えば、1988年の発売からもう20年近く経つにもかかわらず、いまだにキャラゲーの最高傑作との呼び声高い、サッカーシミュレーションゲームです。『く、ガッツが足りない』など様々な名言は『翼』ファンの間では「ボールは友達」と並んで非常に有名です。 ↑キャラゲーとしては大人気となったファミコン版『キャプテ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

これが欧州における日本サッカーの原点だ! ヨーロッパ版『キャプテン翼』大解説1!

フランスに先日、日本サッカーが初めて勝ちましたね。それもアウェーで。サッカー大好きのサザえもんとしては、嬉しい限りです。(ブラジル戦は残念でしたが…。何なの、あの黄色い人たち? ピッコロ大魔王に勝って「オレたち最強!」と思ってたところに、フリーザが現れたような気分です…) スポンサードリンク さて、そのフランスが日本のマンガ…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

ジョジョの奇妙な擬音に翻訳者も音を上げた! 北米版『ジョジョの奇妙な冒険』

『ジョジョの奇妙な冒険』がテレビアニメ化しましたね。昔のOVAは第三部だけでしたが、今回は第一部からアニメ化してくれており、100巻もある原作のどこまでアニメ化してくれるのか楽しみです。これを機会に、原作を読まれたことが無い人も『ジョジョ』に触れてみてはいかがでしょうか? スポンサードリンク さて、『ジョジョ』と言えば擬音…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

英語で「ござる言葉」を話そう! 北米版『るろうに剣心』でフタエノキワミ、アッー!

『るろうに剣心』が、完全版、ゲーム、OVA、実写映画、新連載と、再ブームになっていますね(まあ、再ブームになってるというより、攻勢かけて再ブームにさせてるわけだけど…)。 スポンサードリンク 管理人サザえもんも小学生の時から『るろ剣』の大ファンでして、先日実写版を見てきました。しかし、原作の大ファンであるがゆえに、「ここが変…
トラックバック:4
コメント:23

続きを読むread more

英語版『デスノート』 & 更新一時休止のお知らせ

少年マンガとしては異例中の異例、誇大妄想の大量殺人犯が主人公のマンガ、『デスノート』。日本だけでなく、世界中で相当な人気をえました。今回は名台詞「僕は新世界の神になる」の英語版を紹介しましょう。 スポンサードリンク ↑北米版『デスノート』 まずは、名シーンの日本語版。 以前紹介した『ONE PIECE』の名台…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

アメリカ大陸に最初に上陸した記念すべき MANGA 『おれは見た』

MANGAとANIMEの2語は、現在ではアメリカやイギリスの英語辞典にも載っているほどです(最近じゃオックスフォード英英辞典に otaku とか hikikomori とかも載っているから驚かされるが…)。しかし、これまでの道のりは決して平坦なものではありませんでした。 スポンサードリンク 今回は、アメリカに上陸した最初の …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

MANGAで英会話講座 『ワンピース』「海賊王におれはなる」を英語で言えるようになろう!

もはや完全に日本マンガの頂点に立った『ONE PIECE』。意外と北米での人気はそれほどでもありませんが、北米版『SHONEN JUMP』でも創刊号から連載され続けています。 ↑北米版。$7.95だけど、円高の今ならアマゾンで610円だ! さて、2012年5月現在、Googleで「海賊王に」まで打つと、検索候補の一つに「海賊王に…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

MANGAで英会話講座 『スラムダンク』「あきらめたらそこで試合終了だよ」を英語で言えるようになろう

この記事は昨年12月に公開したものを加筆修正して再アップロードしたものです やはり、英語上達の鍵はたくさん英語を使うことです。実際に英会話になかなかいけない人は、話す代わりにたくさん読みましょう。しかし、洋書を読むのは大変、という人は、マンガを読んで、その台詞を何度も口ずさむことで、英語を覚えましょう。 というわけで、今回のテー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『幽☆遊☆白書』「タブーの力」の英語版が何かすさまじいことになっていた!

マンガやアニメを見ていて、明らかに日本じゃないと通じないネタ、表現って多くありますよね。そういうのは海外版ではどうなっているんだろうと疑問に思ったことありませんか? というわけで、今回のターゲットは『幽☆遊☆白書』! スポンサーリンク 冨樫義博原作の大ヒットマンガ及ぶアニメであり、私も小学生時代に大いにはまったものです…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

韓国の翻訳はえらくスピーディーだった! 韓国のマンガ雑誌「コミック・チャンプ」

(4月3日にアップロードした記事を一度削除し、書き直して再アップロードいたしました。コメントを下さった方々や、ブックマークされた方々にはご迷惑おかけしました。お詫び申し上げます) 先月韓国に行ってきました。初韓国です。釜山に行っただけですが、反日と聞いていたのに全くそんなことを感じることはなく、それどころか定食屋で私のにわか韓国語…
トラックバック:0
コメント:49

続きを読むread more

「H」は台湾でも通じた! 台湾版『To Loveる』 

ご存知の方も多いと思いますが、スケベを意味する「エッチ」は日本語であり、外国で "You are H!" と言っても通じません。「hentai」(変態)の頭文字から来ていると言われていまして(異説あり)、私は中学生のときこの事実を知り、大変な衝撃を受けた記憶があります。 この衝撃を分かち合いたくて、当時好きだった女の子に自慢げに話した…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more