テーマ:ジャンプ以外

日本人の知らないところでルパンは盗んでいた! イタリア製『ルパン三世』

ルパン三世と言えば、日本が誇る大泥棒です。私もアニメはパイロットフィルムを含めすべて見ていますし、原作マンガもかなり読んでいると思います。これを読まれている人の中には、きっと私と同じくらいか、私よりルパンが大好きだという人もいらっしゃるかと思います。 しかし、ご存知でしょうか? 日本人の知らないところでルパンファミリーが大活躍して…
トラックバック:0
コメント:40

続きを読むread more

【らんま1/2】 中国人の「~アル」は英語ではこうなるアル!

『らんま1/2』はアメリカで大人気ネ 80~90年代の大ヒット作、『らんま1/2』。北米では『NARUTO』の登場まで、最も単行本が売れた漫画だったと言われています。 シャンプーのしゃべり方がかわいいアル ハーレムもののごとく主人公の周りに集まる美少女たちなかでも、メインヒロインのあかねに次いで、中国娘…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

【韓国】金田一一はキム・ジョンイルだった!? ハラボジの名に懸けて!

マンガが翻訳される際、キャラクターの名前が現地名に変更されることは少なくありません。例えば『名探偵コナン』はアメリカではこうなりました。日本でも、明治期に『シンデレラ』が輸入されたときには『おしん物語』というタイトルになっていました。しかも、その『おしん物語』では、魔法使いじゃなくて弁天が登場し、ガラスの靴じゃなくて扇を忘れるんですよ。…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

タイのタイトルロゴがすごすぎる! タイ語版『けいおん!』&『みなみけ』

あまり知られていませんが、日本のマンガは微笑みの国タイでも大人気で、本屋に行けば日本のマンガをずらりと見つけることができます。今回はそんなタイのお話。 スポンサーリンク タイ語を勉強したことがある人ならわかると思いますが、アルファベットのように子音⇒母音という順番になっておらず、母音が子音の右についたり左についたり上につ…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

英語で長崎弁を話そう! 北米版『ばらかもん』

超久しぶりの更新です。待っていてくれた方(いらっしゃいましたら)ありがとうございます、お待たせしました。今後の更新の意欲を保つために色々なところにリンクを貼ってくれると嬉しいです。 今回は今管理人がはまっている長崎弁マンガ(正確には五島列島方言マンガ)『ばらかもん』の北米版です。 スポンサードリンク 『ばらかもん』…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』でわかるイタリアのちょっと過敏な規制基準

スポンサーリンク 『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』は、90年代後半、小中学生に爆発的ミニ四駆ブームを巻き起こした傑作アニメです。今回はそのイタリア版の話。 ↑イタリア版『爆走兄弟レッツ&ゴー』DVD 海外では、しばしば日本のアニメはセックス&バイオレンスだなんて言われます。例えば手元にある『オックスフォード新英英辞典』(O…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

服部平次はアルバータ州出身で黒の組織の仲間? 北米版『名探偵コナン』の設定が意味不明すぎる

『名探偵コナン』は、連載開始から20年が経つ、日本を代表する超人気作品です。私は単行本は全巻所持、テレビは毎週録画、映画も欠かさず見に行くかなりのファンで、当然北米版『コナン』も手に入れています。 スポンサードリンク しかし、以前もこちらでも紹介しました通り、いまどきのアニメとしては珍しく、かなりのアメリカナイズがされていました…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

「リア充」は英語で? いまいち伝わらない北米版『僕は友達が少ない』

友達とは何でしょうか? 一度会って会話したら友達? 仲良くなってはじめて友達? 友達の友達は友達? facebookの「友達」は本当に友達? 友達と親友の違いは? とある調査によれば、新成人の1割以上が「友達はいない」と答えたとのこと。 スポンサードリンク 友達は欲しいけれど、上手く人間関係の構築ができない。こんな現代の問題…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

北米マンガ翻訳界10年の進化を見よ! 北米版『めぞん一刻』

高橋留美子は30年間日本マンガ界を牽引してきた天才マンガ家ですが、その人気は世界レベルであることをご存知でしょうか。日本的でありながら、宇宙人やカンフーアクションを取り入れた、どこか無国籍な感覚が世界でウケた原因でしょう。 スポンサードリンク 北米最大手のマンガ出版社VIZは、早くからその才能に目をつけ、マンガ・アニメ両方の…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

イタリア版『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』 イタリアの心は海のように広い(具体的に言うと地中海くらい)

今週号(2012年48号)の「週刊少年ジャンプ」の『こち亀』のテーマがミニ四駆でした。 スポンサードリンク サザえもんはフルカウルミニ四駆ど真ん中世代でして、フルカウルミニ四駆が登場だけでワクワクしてしまいます。『こち亀』には時々ミニ四駆が登場し、しかも大体フルカウルミニ四駆なのですが、スタッフの中にサザえもんと同じ世代の人…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

最新5巻発売記念! 陳志峰教授(誰やねん)推薦! 台湾版『銀の匙 Silver Spoon』

『銀の匙』の第5巻が昨日発売されましたね。たった5冊で520万部を突破し、今年のマンガ大賞を受賞し、今一番注目の少年マンガと言っても過言ではないかと思います。『鋼の錬金術師』のときもそうでしたが、荒川弘のマンガは読んでいると、単にその作品が面白いだけでなく、「マンガって面白いなー」という気分になってくるのが不思議です(『ハガレン』関連の…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

北米版『名探偵コナン』 ジミー工藤が謎を解く! 日本版よりちょっとキザで自意識過剰なコナン君

『名探偵コナン 11人目のストライカー』を見てきました。私は『コナン』の大ファンでして、映画は毎年見に行ってるんですが、今回はJリーグとのタイアップ企画で、ヤットさん(遠藤)やカズが出演していて、サッカーファンには嬉しい内容でした。私はヤットさんのファンですので、ヤットさんの出番が多く、ストーリーにも絡んでるのは大変嬉しかったのですが、…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

『テルマエ・ロマエ』がイタリアとフランスで発売! ローマの末裔たちに日本の風呂マンガは受けるのか?

『テルマエ・ロマエ』の映画を先日見てきました。前半は原作に近い内容で、後半は原作のネタを使いつつも、ストーリーは全くのオリジナル。史実ではそれなりに魅力的な男(らしい)で、原作では単なる軟弱男のケイオニウスが、映画では完全なる悪者。また、原作には登場しないヒロイン、漫画家志望のマリちゃん(上戸彩)が登場するのですが、彼女がルシウス(阿部…
トラックバック:0
コメント:42

続きを読むread more

MANGAで英会話講座 『鋼の錬金術師』の名台詞「格の違いを見せてやる」を英語で言えるようになろう

今回の英会話講座は『鋼の錬金術師』から。『ハガレン』については、アニメ版を基にした『英語の錬金術師』なんて本も出ていますね。あれは『もえたん』の『ハガレン』版だったわけですが、今回は原作マンガの北米版『Fullmetal Alchemist』から紹介します。 ↑北米版 FULLMETAL ALCHEMIST 今回紹介するのは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アメリカはとんでもないものを盗んでいきました! 北米版『カリオストロの城』を検証してみる

『ルパン三世 カリオストロの城』(以下『カリ城』)は、管理人のフェイバリット映画です。これまで見た映画の中で、実写、アニメ全て含めて最も好きな映画でして、これまで日本語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語版の『カリ城』を手に入れております。 ↑5ヶ国語の『カリ城』 (上段:日、米①、米②、豪  下段:仏①、仏②、伊、独…
トラックバック:2
コメント:29

続きを読むread more

MANGAでENGLISH 『鋼の錬金術師』「等価交換の原則」

久しぶりの更新です。今回はマンガ英会話講座、テーマはアニメ版『鋼の錬金術師』から。 私は最初のアニメ化のときの『ハガレン』を見てハマり、その後原作を読み始めた人なので、原作以上にアニメ版に強い衝撃を受けました。毎回オープニングで 人は何かの犠牲なしに何も得ることはできない。 何かを得るためには同等な代価が必要になる。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more