テーマ:アジア

タイには日本人が知らないタヌキ型ロボットがいた! タイのニセ『ドラえもん』

パチモンドラえもん登場! ・タイのアニメ雑誌? 世界には「パチモン」(にせもの)が多いです。アジアを旅行して、明らかに著作権をとっていないだろう日本の作品のおもちゃなどをお目にかけたことのある人も多いことでしょう。 しかし、単なる海賊版ならいくらでもありますが、「なんじゃこりゃ!」となって笑えてくるほどのパチモンは…
トラックバック:1
コメント:30

続きを読むread more

タイのタイトルロゴがすごすぎる! タイ語版『けいおん!』&『みなみけ』

あまり知られていませんが、日本のマンガは微笑みの国タイでも大人気で、本屋に行けば日本のマンガをずらりと見つけることができます。今回はそんなタイのお話。 スポンサーリンク タイ語を勉強したことがある人ならわかると思いますが、アルファベットのように子音⇒母音という順番になっておらず、母音が子音の右についたり左についたり上につ…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

地雷にも負けず! 日本とカンボジアを繋ぐ『ドラえもん』

カンボジアに数年前ですが行ってきました。目的はもちろんアンコールワットを見ることでしたが、私(サザえもん)はそれ以上にカンボジア人の親切さに触れ、すっかりカンボジア大好きになってしまいました。 スポンサードリンク また、私が発音が分からないからカタカナ読みしたカンボジア語(「こんにちは」や「これを下さい」や「お勘定をお願いし…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

マレーシアでジャンプマンガ『スラムダンク』に秋田書店が参戦!? 日本人の知らざる戦い

『スラムダンク』というマンガを、全く聞いたこともないという読者はこのブログにはいないのではないでしょうか。発行部数1億部を超える、言わずと知れたスポーツマンガの金字塔です。このブログの管理人・サザえもんも連載中ハマりまくり、当然のごとくバスケットを始めました。(ちなみにサザえもんは、『ヒカルの碁』を読んで囲碁を始め、『キャプテン翼』…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

海外宗教事情4 『ポケモン』はハラーム(禁止)!? イスラムからもユダヤからも怒られる『ポケモン』

海外宗教事情第4回(他の宗教関連記事はこちら)。今回はアメリカではなく、イスラムの話です。 スポンサードリンク 以前、イスラム圏では裸はご法度なので、イスラム教国であるインドネシアではしずかちゃんが水着を着ているというのを紹介しました。(詳細はこちら) 今回は修正どころではありません。イスラム圏で、ポケモンが禁止された…
トラックバック:0
コメント:29

続きを読むread more

マレーシアの『ドラえもん』は日本よりえっちぃ インドネシア&マレーシアの『ドラえもん』

日本のマンガはエッチなシーンがたくさんあり、海外には「日本のマンガ」=「エッチなもの」という認識の人さえいます。海外ではエッチなシーンに修正が入ることも珍しくありません。今回は、そんなエッチな話題を。 いやいや、そんなこと言わないでお付き合いください。 スポンサードリンク 今回ご紹介するのはこの2冊です。 …
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

(番外編) サッカー復興支援チャリティーマッチでの韓国語看板の謎

(この記事は1月に公開したものを加筆修正して再アップロードしたものです) 今回は、番外編ということでマンガ、アニメ関連以外の記事です。 サッカー好きの人は覚えていらっしゃるでしょう。去年の3月29日に行われた「東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!」を。 その試合中、看板に各国の東日本大震災へ…
トラックバック:0
コメント:44

続きを読むread more

なぜかクリリンとブルマの名前が壮大なことになっていた! 香港版『ドラゴンボール』

中国語は言うまでもなく漢字のみで表記します。すると、日本人に気になるのは「外人の名前をどうやって表記するんだ?」ということ。 どうも「ジョン」とか「トム」とか一般的な外国人の名前は既に慣習的に決まっているのでそれに則って表記されるようです。(「ジョン」なら「約翰」。「トム」なら「湯姆」らしいです)  さて、マンガにもカタカナ…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more