テーマ:アメリカ

【ヒカルの碁】 北米では中学生の喫煙は禁止です! (注:日本もです)

アメリカタバコ事情 日本では銃は簡単に手に入らず、銃犯罪による年間の死者数は、年間10人以下です。(2014年は6人、2015年は1人) 一方、アメリカでは年間3万人以上、日本の数千倍です。日本では平気で少年マンガでも銃が登場しますが、アメリカでは深刻な分、けっこうセンシティブです。 最近さらにアメリカ人が…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

【らんま1/2】 中国人の「~アル」は英語ではこうなるアル!

『らんま1/2』はアメリカで大人気ネ 80~90年代の大ヒット作、『らんま1/2』。北米では『NARUTO』の登場まで、最も単行本が売れた漫画だったと言われています。 シャンプーのしゃべり方がかわいいアル ハーレムもののごとく主人公の周りに集まる美少女たちなかでも、メインヒロインのあかねに次いで、中国娘…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

【アメリカ】日本マンガのタラコ唇の黒人は黒人差別か!? アメリカ版『ドラゴンボール』

前回『ドラゴンボール』ミスター・ポポがアメリカは黒人に対して差別的だと見なされた、という話をしましたが、他のキャラクターはどうなっているのか、という質問があったので調べてみました。 ↑7巻 ↑7巻 ↑14巻 やっぱり唇が直してあります。2枚目、3枚目は分かりづらいですが、唇にもトーンを貼って、唇が強調され…
トラックバック:0
コメント:49

続きを読むread more

【アメリカ】『ドラゴンボール』 ミスター・ポポは黒人差別だ!

アメリカは銃犯罪が多いからフィクションでの銃の表現に敏感ですし、黒人差別が存在するから、黒人表現にも敏感です。今日はそんな一例をご覧に入れましょう。 スポンサーリンク 今でも大人気の『ドラゴンボール』の英語版を読んでいたら、ミスター・ポポの表現が変わっていました。 ↑左:日本 右:北米 ↑左:日本 右:北…
トラックバック:0
コメント:77

続きを読むread more

『銀魂』5000万部記念:英語版「ノーパンしゃぶしゃぶ」の行方

また久しぶりの更新です。これまでは時間をかけて大きな記事をたまに書いていたのですが、今後は大きな更新をするのではなく、日々小さな短い記事を書いてみたいと思います。 スポンサードリンク 実のところ、大手海外の反応サイトのリンクから外れて以来、一気に訪問者数が数分の1にまで減ってしまい、この2年ほど全然更新していなかったので…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

服部平次はアルバータ州出身で黒の組織の仲間? 北米版『名探偵コナン』の設定が意味不明すぎる

『名探偵コナン』は、連載開始から20年が経つ、日本を代表する超人気作品です。私は単行本は全巻所持、テレビは毎週録画、映画も欠かさず見に行くかなりのファンで、当然北米版『コナン』も手に入れています。 スポンサードリンク しかし、以前もこちらでも紹介しました通り、いまどきのアニメとしては珍しく、かなりのアメリカナイズがされていました…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

英語のセリフをさらに「英」訳!? こだわりの北米版『映画 けいおん!』

イギリス英語とアメリカ英語は、お互い通じますが、結構違うみたいです。発音もそれなりに違いますし(例えば schedule をアメリカ人は「スケジュール」、イギリス人は「シェデュール」と発音します)、center と centre、color と colour などの綴りの違いは学校で習った人も多いと思います。 『イギリス英語Total …
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

何故か日本版より豪華!? 北米版『けいおん!』(原作)はカラーでコード解説付き!

『けいおん!』と言えば、市場規模380億円とも言われる、言わずと知れた大ヒットマンガ・アニメです。軽音部の女子高生5人のゆる~くまったりとした日常を描いたいわゆる「空気系」とか「日常系」とか言われる萌えアニメ(萌えマンガ)で、キャラクター名義のCDとして初のオリコンチャート1位獲得や、登場人物の使用する楽器が急激に売上げを伸ばすなど…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

「リア充」は英語で? いまいち伝わらない北米版『僕は友達が少ない』

友達とは何でしょうか? 一度会って会話したら友達? 仲良くなってはじめて友達? 友達の友達は友達? facebookの「友達」は本当に友達? 友達と親友の違いは? とある調査によれば、新成人の1割以上が「友達はいない」と答えたとのこと。 スポンサードリンク 友達は欲しいけれど、上手く人間関係の構築ができない。こんな現代の問題…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

『幽☆遊☆白書』「禁句(タブー)」の英語版はやっぱり大変だった!(原作編)

『幽☆遊☆白書』と言えば、『HUNTERxHUNTER』の冨樫義博の出世作で、ジャンプ黄金期を支えた作品で、「邪眼」「暗黒」「黒龍」「植物使い」「氷使い」「風使い」などなど、日本の長いマンガの歴史の中でも特に中二病的要素が強い作品として知られております。六花ちゃん大喜びw スポンサーリンク それはそうと、この『幽☆遊☆白…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

北米マンガ翻訳界10年の進化を見よ! 北米版『めぞん一刻』

高橋留美子は30年間日本マンガ界を牽引してきた天才マンガ家ですが、その人気は世界レベルであることをご存知でしょうか。日本的でありながら、宇宙人やカンフーアクションを取り入れた、どこか無国籍な感覚が世界でウケた原因でしょう。 スポンサードリンク 北米最大手のマンガ出版社VIZは、早くからその才能に目をつけ、マンガ・アニメ両方の…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

間違いだらけのDragon Ball Wiki

Wikipedia は、ほとんどの人がご存知であると思います。誰でも自由に編集することが可能なインターネット上の百科事典です。ネット上にはそれのお仲間がたくさんあります。 スポンサードリンク Dragon Ball Wiki もその一つで、ウィキペディアの『ドラゴンボール』版と考えてくれればわかりやすかと思います。 一…
トラックバック:0
コメント:34

続きを読むread more

アメリカでもふとんはふっとぶのか? 北米版『ドラゴンボール』のジョークセンスを理解できるか?

『DBZ神と神』が絶賛公開中ですね(レビューはこちら)。前回に引き続き、『ドラゴンボール』の話をしたいと思います。今回は久しぶりに翻訳について。 スポンサードリンク 海外のジョークって、日本人にはわかりづらいことが多いですよね。何がどう面白いのか、説明されても理解できないことも少なくなく、以前「鼻くその秘密をそっと話くそう」…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

あの人が女体化!? 北米版FC『キャプテン翼』がアメリカンすぎる!(その4)

ファミコン『キャプテン翼』北米版第4回。これまでのは⇒第1回、第2回、第3回。今回で最終回! 一気にラストまでご紹介します。 スポンサードリンク 全国大会決勝、勝てば南葛単独優勝。引き分ければ南葛と東邦の両校同時優勝です。それは北米版でも受け継がれました。ここは原作どおり、両校同時優勝バージョンを紹介しましょう。これ大変だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金髪日向小次郎登場! 北米版FC『キャプテン翼』がアメリカンすぎる(その3)

ファミコン『キャプテン翼』北米版第3回。第1回、第2回はそれぞれこちらとこちら。前回花輪を倒したところまで紹介したので、今回は全国大会で日向小次郎を倒すところまでを紹介しましょう。 スポンサードリンク この北米版『キャプ翼』では、北米で『キャプ翼』が知られていなかったためなのか、著作権上の問題なのか、キャラクターが全てアメリ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ポンチ兄弟による改良版スカイラブ炸裂!北米版ファミコン『キャプテン翼』がアメリカンすぎる!(その2)

サッカーが大好きです。サザえもんはサッカーに限らず基本的にスポーツ観戦大好きですが、特にサッカー日本代表戦は好きすぎてたまりません。その日本サッカーを強くしたマンガと言えば、やはり『キャプテン翼』! というわけで、ファミコン『キャプテン翼』のアメリカ版の特集第2回です。第1回はこちら。 スポンサードリンク 前回アメリカでファ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

北米版ファミコン『キャプテン翼』がアメリカンすぎる!(その1)

ファミコン『キャプテン翼』と言えば、1988年の発売からもう20年近く経つにもかかわらず、いまだにキャラゲーの最高傑作との呼び声高い、サッカーシミュレーションゲームです。『く、ガッツが足りない』など様々な名言は『翼』ファンの間では「ボールは友達」と並んで非常に有名です。 ↑キャラゲーとしては大人気となったファミコン版『キャプテ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

萌える日米同盟! 米軍製作同人誌『わたしたちの同盟 ~永続的パートナーシップ~』

萌える教材と言えば、『もえたん』を皮切りに、もはや本屋に行けば一コーナーを確立するくらい存在しますが、今回はその中の変り種を紹介しましょう。米軍公式の日米同盟萌えマンガです! スポンサードリンク 米軍基地の問題やオスプレイ配備など、在日米軍に関するニュースはしょっちゅう報道されており、多くの日本人が現在の日米同盟のあり方を好…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

北米版『ドラゴンボールZ』と『ドラゴンボール改』の翻訳を比べてみた 北米のアニメ翻訳事情②

前回、アニメ『ドラゴンボールZ』の翻訳がいかにひどかったかを紹介しました。(詳細はこちら) スポンサードリンク あれが翻訳されたのが1999年でした。それから10年。2009年には、『Z』から冗長な部分をカットし、より鳥山原作に近づけた『ドラゴンボール改』が日本で放送され、アメリカでもすぐに放送が開始されました。 この…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

北米版『ドラゴンボールZ』の翻訳が酷すぎる 北米のアニメ翻訳事情①

海外版アニメを語る際に、決して無視できないものが「翻訳」です。というより、海外版アニメの研究は、「どう翻訳されているか」の研究がほとんどだといっても過言ではありません。というわけで、今回は翻訳の話を。 スポンサードリンク 日本人は明治以降、翻訳と言う作業には実に真面目に打ち込んできました。ハリウッド映画を訳す際に、もとの英語…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

ジョジョの奇妙な擬音に翻訳者も音を上げた! 北米版『ジョジョの奇妙な冒険』

『ジョジョの奇妙な冒険』がテレビアニメ化しましたね。昔のOVAは第三部だけでしたが、今回は第一部からアニメ化してくれており、100巻もある原作のどこまでアニメ化してくれるのか楽しみです。これを機会に、原作を読まれたことが無い人も『ジョジョ』に触れてみてはいかがでしょうか? スポンサードリンク さて、『ジョジョ』と言えば擬音…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

英語で「ござる言葉」を話そう! 北米版『るろうに剣心』でフタエノキワミ、アッー!

『るろうに剣心』が、完全版、ゲーム、OVA、実写映画、新連載と、再ブームになっていますね(まあ、再ブームになってるというより、攻勢かけて再ブームにさせてるわけだけど…)。 スポンサードリンク 管理人サザえもんも小学生の時から『るろ剣』の大ファンでして、先日実写版を見てきました。しかし、原作の大ファンであるがゆえに、「ここが変…
トラックバック:4
コメント:24

続きを読むread more

海外宗教事情3 北米版『ドラゴンクエスト』には教会も棺桶もない!

アメリカ合衆国が実は宗教色の強い国家だということは、これまでに既にご説明しました(他の宗教関連記事はこちら)。 スポンサードリンク 今回はその追加情報を。紹介するのは北米版『ドラゴンクエストIII』(アメリカでのタイトルは『Dragon Warrior III』)のファミコン版。 ↑北米版『ドラクエIII』 タイ…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

海外宗教事情2 北米版『魔女の宅急便』 魔女の力は「神様がくれた力」ではない!

北米版『ドラゴンボール』において宗教色が消されているというのを前回ご紹介しました(詳細はこちら)。今回はまた一つ宗教色が消されている事例を紹介しましょう。今回のターゲットは『魔女の宅急便』です。 スポンサードリンク ジブリ作品の北米版は、現在のところディズニーが翻訳・吹き替え・配給を担当しています。この北米版は一部音楽の差し…
トラックバック:1
コメント:25

続きを読むread more

海外宗教事情1 北米版『ドラゴンボール』「神様」は God ではなく Kami ! 宗教国家アメリカ

初対面の相手との会話では、野球と政治の話題は避けろとよく言われます。もし外国人との会話であれば、ここに宗教を加えるべきでしょう。日本では宗教はそもそも話題にまずなりませんが、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教あたりの国では、非常にセンシティブな話題です。 スポンサードリンク 日本人は初詣で神社に行って、クリスマスを祝って、教会…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

アメリカ大陸に最初に上陸した記念すべき MANGA 『おれは見た』

MANGAとANIMEの2語は、現在ではアメリカやイギリスの英語辞典にも載っているほどです(最近じゃオックスフォード英英辞典に otaku とか hikikomori とかも載っているから驚かされるが…)。しかし、これまでの道のりは決して平坦なものではありませんでした。 スポンサードリンク 今回は、アメリカに上陸した最初の …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

悪名高き北米版ナウシカ『Warriors of the Wind』の内容を検証してみる 後編

前回北米版『風の谷のナウシカ』の悪名高き北米版『Warriors of the Wind』の概要を紹介し、噂ほどひどくはないと述べました。では実際どんなものなのか、どのシーンがカットされたのかを主に紹介しながら解説していきましょう。日本版『ナウシカ』をお持ちの方は、改めて一度視聴して内容を確認後この記事を読まれると、どこがどうカットされ…
トラックバック:0
コメント:39

続きを読むread more

悪名高き北米版ナウシカ『Warriors of the Wind』の内容を検証してみる 前編

WARRIORS OF THE WIND あるアニメの北米版タイトルですが、タイトルだけでこれが何のアニメかわかった人は、なかなかの通です。 スポンサードリンク では次のヒント。北米版VHSのパッケージです。 ↑北米版パッケージ わからない? ではさらにヒント。    1.日本では1984年公開の映画…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

北米版『名探偵コナン』 ジミー工藤が謎を解く! 日本版よりちょっとキザで自意識過剰なコナン君

『名探偵コナン 11人目のストライカー』を見てきました。私は『コナン』の大ファンでして、映画は毎年見に行ってるんですが、今回はJリーグとのタイアップ企画で、ヤットさん(遠藤)やカズが出演していて、サッカーファンには嬉しい内容でした。私はヤットさんのファンですので、ヤットさんの出番が多く、ストーリーにも絡んでるのは大変嬉しかったのですが、…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more