台湾レポート2 台湾で『千と千尋』のモデルの町に行ってきたよ

台湾レポート第2回。今回は、九份(きゅうふん、ジォウフェン)という町を紹介しましょう。

スポンサードリンク

九份は、台湾北東部にある小さな町で、台北からバスで1時間ちょっとだったかと思います。一応観光地ではあるのですが、日本ではある映画の影響で名前が知られるようになりました。その映画とは


『千と千尋の神隠し』

私、正直なところ、宮崎駿氏自身が九份について言及したことがあるのかどうか知らないんですが、情報ソースお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。

余談ですが、『千と千尋』の日本版DVDは画面が赤くなってしまっていることが問題になりましたが、海外版は、赤いことは赤いですが、日本版よりは多少赤さが軽減されています。イギリス版はリージョンコードが同じなので、日本の普通のパソコンで見ることが可能です。普通のDVDプレイヤーでは録画方式が異なるため不可なのですが、リージョンフリーのDVDプレイヤーなら見ることが出来ます。管理人はいつも海外版を購入し、リージョンフリーのプレイヤーで見ています。みなさんもどうですか?

↓イギリス版DVD
Spirited Away [DVD] [Import]
Optimum
2004-03-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Spirited Away [DVD] [Import] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
↓リージョンフリーDVDプレイヤー

さて、モデル云々の真偽のほどは私にはわからないんですが、とにかくこの「九份」は、『千と千尋』の町のモデルになったと信じられていますので、どんなもんかと行ってみました。

『千と千尋』抜きでもこの九份という町は有名らしく、『るるぶ台湾’12』でも「九份ノスタルジック散歩」という特集記事が組まれていますし、『悲情城市』という台湾映画の舞台になったことでも有名なようです。『悲情城市』は、私はまだ見ていないのですが、ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞した映画だそうで、日本統治末期から始まり、本省人と外省人が争った「二・二八事件」を描いていて、日本人を大変好意的に描いているそうです。興味のある方は、是非一度視聴されてはいかがでしょうか? 『千と千尋』がベルリン国際映画祭金熊賞受賞ですから、すごいですね、九份。

↓アマゾンでのレビューも非常に高いようです
悲情城市 [DVD]
紀伊國屋書店
2003-04-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 悲情城市 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

で、こちら町並みです。




↑九份の町並み

全体的に坂ばかりで、提灯がたしかに『千と千尋』っぽいですね。まあ、台湾で提灯って珍しくないようですが。




↑『千と千尋』に登場した町並み

観光地ですので、当然お土産屋通りがあります。


↑九份のお土産屋通り

どこのお土産屋通りも変わりありませんね。モン・サン・ミッシェルでもこんな感じでしたから。サザえもんは、ここで結構お茶を買ってきました。私自身はお茶に興味が無いんですが、まあ、台湾土産と言ったら茶を買わねばならんかな、という感じで。「1箱300元。3箱で500元」みたいなめちゃくちゃな売り方をしていました。2箱買ったら幾らだったんだろう…?

飴などのお菓子を売っているところは、まるで日本の縁日のようでした。


↑アトムやキティーちゃんの形の飴


↑ドラ焼き屋

ドラ焼き屋に「懐かしい味」と書いてありますが、普通のあんこはなく、入っているのはアイスクリーム。誰にとって懐かしい味なのか…?

それにしても、普通は「どら焼き」または「銅鑼焼き」であり、「ドラ焼き」は本来『ドラえもん』のみに登場する名のはず。やっぱり、『ドラえもん』を読んで、日本では「ドラ焼き」って書くんだと思っちゃったのかな、ふふふ…。などと思ってたら、




まんまドラえもんが描いてあった…。許可取ってるとは思えないけど、これくらいは、まあ、OK……なのか?

どうでもいいけど、amazonってどら焼きまで買えるのね…。今検索して初めて知った…。

↓レビューも高い。ドラちゃん大喜びね
北海道十勝産小豆使用!ハチミツ入りの手作りどら焼(10個入り)
和菓子とおせんべい おおき屋

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 北海道十勝産小豆使用!ハチミツ入りの手作りどら焼(10個入り) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

そして、肝心の、『千と千尋』の湯婆婆の屋敷のモデルになったという噂の茶屋へ。


これがその茶屋、阿妹茶楼です。似てなくもない…かな? いや、似てるってほどじゃないな。


↑映画での湯屋

入り口では、『千と千尋』のモデルであることが日本語でアピールされていました。やはり日本人観光客多いんですね。というより、日本人がメイン?

↑入り口


↑英語と中国語でも『千と千尋』に関する説明がある




↑中はこんな感じ

中では茶と茶菓子を味わうことが出来ます。日本語が通じるので、中国語がわからない人でも安心です。茶葉を購入し、その飲み方を実演で教えてくれ、残った茶葉は箱に入れて持ち帰ることが出来ます。

お土産コーナーに『千尋』に纏わるものも置いてあり、「カオナシ」とか「湯婆婆のモチーフ」とか書いてありますが、似ても似つかないので、勝手に書いてるだけじゃないでしょうか? 「湯婆婆のモチーフ」にはヒゲが生えてるし…。これが湯婆婆のモチーフなら、ひこにゃんのモチーフはドラえもんだな…。




↑カオナシェ…

とまあ、九份レポートはこれくらいです。台北から1時間ちょっと。すぐ近くの金瓜石という場所と一緒に見ても、半日で見られますので、台湾を訪れる際には、足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

次回は、日本統治時代の建物をご紹介します。ではまた!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 アニメブログへ
↑この記事を面白いと思った方は、クリックしてみてください
スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

 
2012年09月20日 18:31
面白そうな町並みでいいなあ
自分も一度行って見たいよ
ぽち
2012年09月20日 19:20
漫画の「アイアムアヒーロー」台湾編で、日本人カップルがここに観光に行く下りで、「千と千尋~」の舞台になった所だって説明されてたな。
一度行ってみたいものです。
 
2012年09月20日 19:23
おおっいいねぇ
なんといっても色彩感覚がいい
ちなみにDVDは積もりに積もって240万枚近く売れてる
トトロは115万枚
 
2012年09月20日 19:30
町並みがすごい自分好み
いつか行ってみたいです
名無し
2012年09月20日 20:45
九分、こないだ行ってきました!雨がひどくてびしょびしょになるので仕方なく入ったお茶屋さんがたまたまこの“阿妹茶屋”さんでした。あとで超有名な店だったと知ったんですけど(笑)価格ははっきり言って日本人価格ですね…。(お茶一人分で確か一番安いので500元、日本円で1500円くらいでしたね…。)ミネラルウォーターが一本30元の台湾で考えてみれば、このお茶一人前で500元が一体どれほどの価格か…orz 九分は観光地の割りに、微妙にバス乗り場は分かりにくい場所にありましたので、事前に下調べが必要かもしれません。
2012年09月20日 22:08
すげーなwまんまじゃん

外人さんが京都いく理由わかる気がする
ナナシ
2012年09月21日 00:31
カオナシで吹いた

無理やり便乗しすぎだろw
街並みはまんまだな。
此処、最近テレビでよく紹介してるの見るからなんとなく知ってはいたけど、千と千尋の舞台だったとは。あの街並みは香港の何処かをモデルにしてるのかと思ってたわ。こうやって比べるとわかり易いなぁ。あのエキゾチックな雰囲気がそっくりだ。
湯屋は道後温泉の方が似てるとは思うが。
じえい
2012年09月21日 00:35
街並みのモデルは台湾で間違いないと思いますが、湯屋は「江戸東京たてもの園」にある銭湯や、長野の温泉旅館「金具屋」等、様々な実在の建物を組み合わせてモチーフにしていると言われています。ネットでわかるレベルのことは、もう少し調べてから書かれた方が良いのではないでしょうか。
サザえもん
2012年09月21日 02:05
>>名無しさん
雨がひどかったということは、もしかして同じ日だったかも? すれちがってたかも知れませんね。

>>じえいさん

湯屋のデザインは複数の建物をあわせたものであることは承知しており、台湾のこの阿妹茶楼が単独のモデルだとは別に言ってませんので、間違いは書いていませんよ~。あくまで、「湯婆婆の屋敷のモデルになったという『噂』」の茶屋です。「噂」の。
反日はテロ
2012年09月21日 06:20
台湾は満州(華北)や支那大陸本土と違い共産主義に100%飲み込まれてないので日本統治時代の名残が色濃く残っているのだよね。
最近では華僑や漢民族の大量移民侵略攻勢が酷くて台湾総人口8対2までに台湾原住民系(祖先代々からの台湾人)は激減してしまったのですよね。
台湾はこれから先どうなるかは西側陣営が中国の暴挙をどう対処するかによって変わると思う。
特に日本が戦前の様に共産主義や悪い中国人と対峙する様にならないと台湾も赤い津波に飲み込まれてしまうとも言える。
2012年09月21日 07:11
街並みのモデルも別に台湾じゃなくて普通に昭和の日本の下町のような…
 
2012年09月21日 08:54
3年前に行きましたよ。昼間だったんで夜景は見られなかったけど
アイアムヒーローでも出てましたね、マンガの中でファミマが描かれてて「あったあったw」と声出してしまったw
カオナシ
2012年09月21日 10:48
私も昨年の11月に台湾いってきた
自分の中では九份が1番楽しかったよ
オカリナ屋さんのおじさんがジブリの曲色々演奏してくれたり、烏龍茶の葉を家族で作ってるお茶屋さんでお腹タプタプになるまで試飲させてくれたり、お茶作りの様子を撮ったアルバム見せてくれてたのにだんだん自分の子供の写真自慢してきたり、とにかくあの雰囲気最高でした
夜の方がより千と千尋の世界だから夕方から夜にかけて散策するのがオススメです
現地の人に聞いたんだけど、九份って名前の由来は昔、9世帯しかなかったからだそうです
2012年09月21日 12:38
味わい深い建物や色彩だな
いいなあ。
日本にも城下町の街並みや建物がたくさん残ってたらいいのにね
ひで
2012年09月23日 10:50
異文化って本当に大事ですね。日本に京都があって本当に良かった
東京にも作ろうぜ。
 
2012年09月29日 09:35
日が経っていますが・・・

>台湾総人口8対2
言ってる事がおかしいので事実↓書いておきますね
・台湾住民の構成
70% 本省人 河洛
14% 本省人 客家
14% 外省人(1949,中国国民党政府移転に伴い台湾に来た)
2% 台湾原住民