あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。 昨年末は全然更新できず、すみませんでした。今後、現在多忙のためなかなか更新できておりませんが、ネタは山ほどあるので、少しずつ更新したいと思います。 上の年賀状画像の著作権は放棄しますので、ご自由にお使いください。 今年も「MANGA王国ジパング」をよろしくお願いします。   …
コメント:3

続きを読むread more

なぞの海外おもちゃシリーズ① どこぞのドラゴンボール

海外、特にアジア地域に旅行しますと、非常にあやしい玩具をみかけることがあります。その手のものは海外のインターネットオークションではかなりの頻度で見つけることができます。流石に買わないのですが、なんでこんなもの作っちゃうんだろうなー、というものが多く、ちょっとだけ紹介したいと思います。 スポンサードリンク ↓メキシコのオークシ…
コメント:5

続きを読むread more

北米版『ドラゴンボールZ』と『ドラゴンボール改』の翻訳を比べてみた 北米のアニメ翻訳事情②

前回、アニメ『ドラゴンボールZ』の翻訳がいかにひどかったかを紹介しました。(詳細はこちら) スポンサードリンク あれが翻訳されたのが1999年でした。それから10年。2009年には、『Z』から冗長な部分をカットし、より鳥山原作に近づけた『ドラゴンボール改』が日本で放送され、アメリカでもすぐに放送が開始されました。 この…
コメント:9

続きを読むread more

北米版『ドラゴンボールZ』の翻訳が酷すぎる 北米のアニメ翻訳事情①

海外版アニメを語る際に、決して無視できないものが「翻訳」です。というより、海外版アニメの研究は、「どう翻訳されているか」の研究がほとんどだといっても過言ではありません。というわけで、今回は翻訳の話を。 スポンサードリンク 日本人は明治以降、翻訳と言う作業には実に真面目に打ち込んできました。ハリウッド映画を訳す際に、もとの英語…
コメント:22

続きを読むread more

イタリア版『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』 イタリアの心は海のように広い(具体的に言うと地中海くらい)

今週号(2012年48号)の「週刊少年ジャンプ」の『こち亀』のテーマがミニ四駆でした。 スポンサードリンク サザえもんはフルカウルミニ四駆ど真ん中世代でして、フルカウルミニ四駆が登場だけでワクワクしてしまいます。『こち亀』には時々ミニ四駆が登場し、しかも大体フルカウルミニ四駆なのですが、スタッフの中にサザえもんと同じ世代の人…
コメント:21

続きを読むread more

最新5巻発売記念! 陳志峰教授(誰やねん)推薦! 台湾版『銀の匙 Silver Spoon』

『銀の匙』の第5巻が昨日発売されましたね。たった5冊で520万部を突破し、今年のマンガ大賞を受賞し、今一番注目の少年マンガと言っても過言ではないかと思います。『鋼の錬金術師』のときもそうでしたが、荒川弘のマンガは読んでいると、単にその作品が面白いだけでなく、「マンガって面白いなー」という気分になってくるのが不思議です(『ハガレン』関連の…
コメント:9

続きを読むread more

これが欧州における日本サッカーの原点だ! ヨーロッパ版『キャプテン翼』大解説1!

フランスに先日、日本サッカーが初めて勝ちましたね。それもアウェーで。サッカー大好きのサザえもんとしては、嬉しい限りです。(ブラジル戦は残念でしたが…。何なの、あの黄色い人たち? ピッコロ大魔王に勝って「オレたち最強!」と思ってたところに、フリーザが現れたような気分です…) スポンサードリンク さて、そのフランスが日本のマンガ…
コメント:11

続きを読むread more

ジョジョの奇妙な擬音に翻訳者も音を上げた! 北米版『ジョジョの奇妙な冒険』

『ジョジョの奇妙な冒険』がテレビアニメ化しましたね。昔のOVAは第三部だけでしたが、今回は第一部からアニメ化してくれており、100巻もある原作のどこまでアニメ化してくれるのか楽しみです。これを機会に、原作を読まれたことが無い人も『ジョジョ』に触れてみてはいかがでしょうか? スポンサードリンク さて、『ジョジョ』と言えば擬音…
コメント:15

続きを読むread more

英語で「ござる言葉」を話そう! 北米版『るろうに剣心』でフタエノキワミ、アッー!

『るろうに剣心』が、完全版、ゲーム、OVA、実写映画、新連載と、再ブームになっていますね(まあ、再ブームになってるというより、攻勢かけて再ブームにさせてるわけだけど…)。 スポンサードリンク 管理人サザえもんも小学生の時から『るろ剣』の大ファンでして、先日実写版を見てきました。しかし、原作の大ファンであるがゆえに、「ここが変…
コメント:24

続きを読むread more

台湾レポート3 台湾に残る日本建築を紹介するよ

台湾レポート第3回。今回は、台湾に残る日本時代の建物を紹介しましょう。 スポンサードリンク 今更説明するまでもありませんが、日清戦争の結果、1895年に下関条約に基づき、日本は賠償金二億両(テール)と、遼東半島、澎湖諸島、そして台湾を手に入れました。小中学生諸君、ここ絶対テストに出るからね! というわけで、1895年か…
コメント:4

続きを読むread more

台湾レポート2 台湾で『千と千尋』のモデルの町に行ってきたよ

台湾レポート第2回。今回は、九份(きゅうふん、ジォウフェン)という町を紹介しましょう。 スポンサードリンク 九份は、台湾北東部にある小さな町で、台北からバスで1時間ちょっとだったかと思います。一応観光地ではあるのですが、日本ではある映画の影響で名前が知られるようになりました。その映画とは 千…
コメント:16

続きを読むread more

台湾レポート1 台湾で神社に行ってきたよ

台湾に行ってきました(単なる観光旅行です)。今回から数回、台湾と日本とマンガについてのレポートをしたいと思いますが、紹介したいことが多すぎて、何回かかるかわかりませんし、現在多忙でどれだけ頻繁に更新できるかわかりませんが、是非お付き合いください。台湾版のマンガやアニメの話ももちろんしますよ。 スポンサードリンク ご存知の通り…
コメント:14

続きを読むread more

しょうかさ・げんうゆべ君、せきどうこう・あきら君、いちはし大学…、日本の漢字の難しさに絶望した!

日本の漢字は難しく、日本人でも苦労します。中国、韓国、ベトナムも漢字を使っている、もしくは使っていましたが、彼らの場合、基本的に一つの漢字に読みは一つです。例えば中国語では「日」は「リー」であり、別の読み方はありません。「一月一日、日曜日、今日は日本晴れ。明日は一月二日だ」を、「いちがつ ついたち、にちようび、きょうは にほんばれ。あし…
コメント:22

続きを読むread more

パリJAPAN EXPOレポート5 なぜ韓国とベトナムがそこにいるんだぁ!?

JAPAN EXPOレポートも今回で最終回。最後は、番外編として、日本文化以外のものをお見せしましょう。 スポンサードリンク 入り口すぐ近くに、格闘技をやっているコーナーがありました。最初「空手かなあ?」と思ったのですが、なんか違う様子。 ↑入り口近くの格闘技スペース 近くをうろうろしていたら、正体がわか…
コメント:73

続きを読むread more

パリJAPAN EXPOレポート4 マンガ・アニメ・ゲーム・アイドルは日本の文化だ!

JAPAN EXPOが終了して、既に2週間近く経ちますが、いまだにレポートを続けます。今回は、マンガ・アニメブースを紹介。 スポンサードリンク 入り口すぐのところに、パリのマンガ専門店「MANGA STORY」が出展していて、DVDボックスが大量に置かれていました。フランスの場合、一つのDVDボックスには大体30話くらい収録…
コメント:35

続きを読むread more

パリJAPAN EXPOレポート3 これがヨーロッパのコスプレイヤーだ!

パリJAPAN EXPOレポート3。今回は、淡々とヨーロッパコスプレイヤーたちを紹介しましょう。 スポンサードリンク コスプレは今や世界大会が行われるほどの世界的ムーブメントですが、マスコミの報道で見るのと、実際に自分で見るのとだと違いますね。レベルが高いコスプレからは、「オレ…
コメント:9

続きを読むread more

パリJAPAN EXPOレポート2 マンガ・アニメだけじゃない! 武道、囲碁、座禅、金魚掬いまで!

JAPAN EXPOレポート第2弾。JAPAN EXPOというと、マンガ・アニメの展覧会というイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、実際はそれだけではなく、様々な日本文化のブースが存在します。今回は、ちょっと趣向を変えてそっちの紹介をしましょう。 スポンサードリンク まず、日本と言えば武道! karate, judo, …
コメント:58

続きを読むread more

パリ JAPAN EXPO レポート1 フランスの同人誌はマジでレベルが高かった!

パリレポート第3回。ようやく本題であるJAPAN EXPOの話をしたいと思います。私は全4日間のうち、1日目と2日目の2日間行ってきました。少々趣味の範囲が偏ったレポートになるかも知れませんが、これでJAPAN EXPOに興味を持ってくれたり、来年行く人がいらっしゃいましたらその参考にしてもらえれば幸いです。 スポンサードリンク …
コメント:16

続きを読むread more

フランス旅行記2 パリ本屋のマンガコーナー & マンガ専門店

パリレポート第2回。私は外国に行くと、必ず本屋を探して、日本のマンガがどのくらい置かれているかをチェックしています。今回もパリの本屋や、マンガ専門店を何件かめぐりましたので、それを紹介しておきましょう。 スポンサードリンク まず、普通の本屋。パリにはラファイエット通りという通りがあり、「ギャラリー・ラファイエット」というデパ…
コメント:19

続きを読むread more

フランス旅行記1 日本料理店だらけのパリ、 モン・サン・ミッシェルの日本刀

先月の頭から、スーパーメランコリー状態が続いていて、一時本気でやばかったんですが、傷心旅行を兼ねてフランスに行ってきました。目的はパリで行われたJAPAN EXPOを見ること。フランス滞在中、少しメランコリーから抜け出たんですが、帰国したらすぐ元に戻った…。 スポンサードリンク それはそうと、まず、今回はJAPAN EXPO…
コメント:40

続きを読むread more

英語版『デスノート』 & 更新一時休止のお知らせ

少年マンガとしては異例中の異例、誇大妄想の大量殺人犯が主人公のマンガ、『デスノート』。日本だけでなく、世界中で相当な人気をえました。今回は名台詞「僕は新世界の神になる」の英語版を紹介しましょう。 スポンサードリンク ↑北米版『デスノート』 まずは、名シーンの日本語版。 以前紹介した『ONE PIECE』の名台…
コメント:12

続きを読むread more

海外宗教事情5 フランス版『聖☆おにいさん』

これまで数回にわたり、『ドラゴンボール』や『ドラゴンクエスト』などを通じて、アメリカが実は宗教色の強い国であるというのを紹介してきました。 スポンサードリンク 十字架を描くのもはばかられるわけですから、おそらくこんなマンガ↓はアメリカでは今後も翻訳出版されることはないでしょう。 『聖☆おにいさん』 ブッダとイ…
コメント:29

続きを読むread more

海外宗教事情4 『ポケモン』はハラーム(禁止)!? イスラムからもユダヤからも怒られる『ポケモン』

海外宗教事情第4回(他の宗教関連記事はこちら)。今回はアメリカではなく、イスラムの話です。 スポンサードリンク 以前、イスラム圏では裸はご法度なので、イスラム教国であるインドネシアではしずかちゃんが水着を着ているというのを紹介しました。(詳細はこちら) 今回は修正どころではありません。イスラム圏で、ポケモンが禁止された…
コメント:29

続きを読むread more

海外宗教事情3 北米版『ドラゴンクエスト』には教会も棺桶もない!

アメリカ合衆国が実は宗教色の強い国家だということは、これまでに既にご説明しました(他の宗教関連記事はこちら)。 スポンサードリンク 今回はその追加情報を。紹介するのは北米版『ドラゴンクエストIII』(アメリカでのタイトルは『Dragon Warrior III』)のファミコン版。 ↑北米版『ドラクエIII』 タイ…
コメント:21

続きを読むread more

海外宗教事情2 北米版『魔女の宅急便』 魔女の力は「神様がくれた力」ではない!

北米版『ドラゴンボール』において宗教色が消されているというのを前回ご紹介しました(詳細はこちら)。今回はまた一つ宗教色が消されている事例を紹介しましょう。今回のターゲットは『魔女の宅急便』です。 スポンサードリンク ジブリ作品の北米版は、現在のところディズニーが翻訳・吹き替え・配給を担当しています。この北米版は一部音楽の差し…
コメント:25

続きを読むread more

海外宗教事情1 北米版『ドラゴンボール』「神様」は God ではなく Kami ! 宗教国家アメリカ

初対面の相手との会話では、野球と政治の話題は避けろとよく言われます。もし外国人との会話であれば、ここに宗教を加えるべきでしょう。日本では宗教はそもそも話題にまずなりませんが、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教あたりの国では、非常にセンシティブな話題です。 スポンサードリンク 日本人は初詣で神社に行って、クリスマスを祝って、教会…
コメント:20

続きを読むread more

アメリカ大陸に最初に上陸した記念すべき MANGA 『おれは見た』

MANGAとANIMEの2語は、現在ではアメリカやイギリスの英語辞典にも載っているほどです(最近じゃオックスフォード英英辞典に otaku とか hikikomori とかも載っているから驚かされるが…)。しかし、これまでの道のりは決して平坦なものではありませんでした。 スポンサードリンク 今回は、アメリカに上陸した最初の …
コメント:12

続きを読むread more

悪名高き北米版ナウシカ『Warriors of the Wind』の内容を検証してみる 後編

前回北米版『風の谷のナウシカ』の悪名高き北米版『Warriors of the Wind』の概要を紹介し、噂ほどひどくはないと述べました。では実際どんなものなのか、どのシーンがカットされたのかを主に紹介しながら解説していきましょう。日本版『ナウシカ』をお持ちの方は、改めて一度視聴して内容を確認後この記事を読まれると、どこがどうカットされ…
コメント:39

続きを読むread more

悪名高き北米版ナウシカ『Warriors of the Wind』の内容を検証してみる 前編

WARRIORS OF THE WIND あるアニメの北米版タイトルですが、タイトルだけでこれが何のアニメかわかった人は、なかなかの通です。 スポンサードリンク では次のヒント。北米版VHSのパッケージです。 ↑北米版パッケージ わからない? ではさらにヒント。    1.日本では1984年公開の映画…
コメント:18

続きを読むread more

北米版『名探偵コナン』 ジミー工藤が謎を解く! 日本版よりちょっとキザで自意識過剰なコナン君

『名探偵コナン 11人目のストライカー』を見てきました。私は『コナン』の大ファンでして、映画は毎年見に行ってるんですが、今回はJリーグとのタイアップ企画で、ヤットさん(遠藤)やカズが出演していて、サッカーファンには嬉しい内容でした。私はヤットさんのファンですので、ヤットさんの出番が多く、ストーリーにも絡んでるのは大変嬉しかったのですが、…
コメント:11

続きを読むread more

マンガ vs アメコミ その違いは? オーストラリア人の解説を聞いてみよう

面白いネット記事を見つけましたので紹介したいと思います。 "Manga vs American comics" (リンク切れの場合はこちらへ) 誰が描いたものかわかりませんが、最初のこの絵が実に素晴らしい! ↑か…、かっこいい…! スーパーマンと悟空が戦っていますが、どうもこの時点ではスーパーマンの優勢みたいで…
コメント:25

続きを読むread more

(番外編) 秋田は萌えているか 萌えは地方を救う!

今回は国内の話です。 秋田県に行ってきました。管理人(サザえもん)は名古屋出身なのですが、名古屋はかなり暑くなっていたので、東北といえどももうそう寒くはないだろうとふんでいたら、トンでもなかったです。寒くて寒くて凍えそうでした。まだ雪が残っていましたし、一部では桜も咲いていました。東北をなめてました。 それにしても、秋田県の…
コメント:5

続きを読むread more

アメリカ政府公認(?)のニセドラえもん 「ブロードバンド君」

外国に行って、怪しげなドラえもんとかキティちゃんとかを目撃したことがある人は多いのではないでしょうか。日本でも中国の遊園地が話題になりましたよね。今回は、そんななかでもけっこう有名なネタを、「え~今更?」と思う人もいるかもしれませんが紹介しましょう。 発展途上国にパチモンが多いのは当然として、先進国にもやはりパチモンはあるんです。…
コメント:40

続きを読むread more

『テルマエ・ロマエ』がイタリアとフランスで発売! ローマの末裔たちに日本の風呂マンガは受けるのか?

『テルマエ・ロマエ』の映画を先日見てきました。前半は原作に近い内容で、後半は原作のネタを使いつつも、ストーリーは全くのオリジナル。史実ではそれなりに魅力的な男(らしい)で、原作では単なる軟弱男のケイオニウスが、映画では完全なる悪者。また、原作には登場しないヒロイン、漫画家志望のマリちゃん(上戸彩)が登場するのですが、彼女がルシウス(阿部…
コメント:42

続きを読むread more

MANGAで英会話講座 『鋼の錬金術師』の名台詞「格の違いを見せてやる」を英語で言えるようになろう

今回の英会話講座は『鋼の錬金術師』から。『ハガレン』については、アニメ版を基にした『英語の錬金術師』なんて本も出ていますね。あれは『もえたん』の『ハガレン』版だったわけですが、今回は原作マンガの北米版『Fullmetal Alchemist』から紹介します。 ↑北米版 FULLMETAL ALCHEMIST 今回紹介するのは…
コメント:2

続きを読むread more

MANGAで英会話講座 『ワンピース』「海賊王におれはなる」を英語で言えるようになろう!

もはや完全に日本マンガの頂点に立った『ONE PIECE』。意外と北米での人気はそれほどでもありませんが、北米版『SHONEN JUMP』でも創刊号から連載され続けています。 ↑北米版。$7.95だけど、円高の今ならアマゾンで610円だ! さて、2012年5月現在、Googleで「海賊王に」まで打つと、検索候補の一つに「海賊王に…
コメント:3

続きを読むread more

MANGAで英会話講座 『スラムダンク』「あきらめたらそこで試合終了だよ」を英語で言えるようになろう

この記事は昨年12月に公開したものを加筆修正して再アップロードしたものです やはり、英語上達の鍵はたくさん英語を使うことです。実際に英会話になかなかいけない人は、話す代わりにたくさん読みましょう。しかし、洋書を読むのは大変、という人は、マンガを読んで、その台詞を何度も口ずさむことで、英語を覚えましょう。 というわけで、今回のテー…
コメント:4

続きを読むread more

日本語はクール? MANGAとANIMEが増やす日本語学習者

日本人には、英語を「かっこいい」と思っている人がたくさんいます。いや、ほとんどの日本人がそうだといってもいいでしょう。タイトルが英語のマンガやゲームは数限りなくありますし、日本語タイトルのマンガでも、特に必要がなくても、かっこいいから英語タイトルが書かれているものもたくさんあります。(別に非難してるわけじゃないっすよ。マンガはかっこ…
コメント:34

続きを読むread more

(番外編) どっかで見たような韓国のお菓子を買ってきたよ

先日釜山に行ってきたときに、怪しいお菓子を大量購入しました。マンガにもアニメにも関係ないんですが、誰にも話さずに食べるのももったいないんで、ちょっとご紹介したいと思います。 ↑あっちで買ってきたお菓子 うーん、どれもなんか見たことがある気がする…。 まず「おっとっと」のそっくりさん、「コレバプ」(「クジラのご飯」の意味…
コメント:68

続きを読むread more

アメリカはとんでもないものを盗んでいきました! 北米版『カリオストロの城』を検証してみる

『ルパン三世 カリオストロの城』(以下『カリ城』)は、管理人のフェイバリット映画です。これまで見た映画の中で、実写、アニメ全て含めて最も好きな映画でして、これまで日本語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語版の『カリ城』を手に入れております。 ↑5ヶ国語の『カリ城』 (上段:日、米①、米②、豪  下段:仏①、仏②、伊、独…
コメント:29

続きを読むread more

マレーシアの『ドラえもん』は日本よりえっちぃ インドネシア&マレーシアの『ドラえもん』

日本のマンガはエッチなシーンがたくさんあり、海外には「日本のマンガ」=「エッチなもの」という認識の人さえいます。海外ではエッチなシーンに修正が入ることも珍しくありません。今回は、そんなエッチな話題を。 いやいや、そんなこと言わないでお付き合いください。 スポンサードリンク 今回ご紹介するのはこの2冊です。 …
コメント:11

続きを読むread more

カナダ人もびっくり! イタリアに『赤毛のアン』を広めたのは日本だった!

「世界名作劇場」といえば、今の子どもは知らないかもしれませんが、1975年から1996年まで日曜日の午後7時半に放送していた日本を代表する長寿アニメシリーズでした。『フランダースの犬』('75)、『母を訪ねて三千里』('76)、『あらいぐまラスカル』('77)など初期の作品が特に有名で、親御さんたちからも「子どもに安心して見せられるアニ…
コメント:78

続きを読むread more

(番外編) 代ゼミ大丈夫か!? 超絶英文法解説書『英文法の謎を解く』レビュー!

全然マンガやアニメと関係ないので恐縮ですが、面白い本を見つけたので紹介したいと思います。英語好きの人は読んでみてはいかがでしょうか。 副島隆彦 『英文法の謎を解く』 (ちくま新書、1995年) いやー、壮絶でした。こんなすごい英文法書は初めて読みました。2、3ページ毎に間違った理論が展開されるのです。英文法解説で笑ってしまう…
コメント:17

続きを読むread more

マドモアゼル・クラピカ! フランスではクラピカは女だった! 男と女(の敬称と人称代名詞)の話をしよう

久しぶりに再アップロードではない普通の更新です。待っていた人も待っていなかった人も、お待たせしました。 スポンサーリンク さて、クラピカと言えば、『HUNTER × HUNTER』の主要キャラだったはずなんですが、「グリードアイランド編」以降10年間出番なしという状態が続いています。休載が多すぎるせいで本当に10年たって…
コメント:31

続きを読むread more

(番外編) サッカー復興支援チャリティーマッチでの韓国語看板の謎

(この記事は1月に公開したものを加筆修正して再アップロードしたものです) 今回は、番外編ということでマンガ、アニメ関連以外の記事です。 サッカー好きの人は覚えていらっしゃるでしょう。去年の3月29日に行われた「東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!」を。 その試合中、看板に各国の東日本大震災へ…
コメント:44

続きを読むread more

アメリカの子どもは戦わない? アメリカヒーロー事情

突然ですが、クイズです。 > ↑Mega Man & Mega Man 2 上の2つのゲームの日本でのタイトルを当ててください。 え? 洋ゲーなんか知らないからわからない? では、答えをお教えしましょう。 ロックマンです。 え!? ロックマンって、あのカプコンの、ロボットが主人公のやつ!? …
コメント:28

続きを読むread more